無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
けれど、女の必死な顔を見たら、たまらなく欲情した。

女か悪い。

そんな甘い声をだして、そんないやらしいアソコで締めつけられたら、もうーー

女の身体を突き上げる。

激しく激しく突き上げる。

「ぁ、……ッ、も、ぅ……や、め……ッ」

「無理、その顔みたら我慢できない」

「ぅ、ぁ……ッ、っ、……ッッ」

「すごくいやらしい声。ほら、もっと出して」

さらに深く激しく突く。

「ぁ、アァ……ッ、ッッ」

女のアソコがピクピクと痙攣している。

「すごい……中が……ギチギチ……」

「ん……っ、ぁ、ぁ」

それから、身体の向きを変えて、なんども突き上げた。女は声が枯れるほど喘ぎ声を出した。

快感が頂上を迎える頃、女の中で射精した。


単なる性欲を満たすだけに買った女。

二束三文。

満足のいく買い物だった。