無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

156
2021/11/25

第4話

ナイトメアとか
〜夢〜
触手に追いかけられる夢をみた

正式にいえば誰かの触手だった

……触手の持ち主が誰かわかるのは、遅くなかった

ウチはとにかく逃げた、早く覚めろ早く覚めろ早く覚めろ

と思ってみた

……しばらく走っていると

とうとう追い詰められた、ウチは目を閉じる

ナイトメアの叫び声が聞こえた

目を開くとそこには…

ドリームがいた
ドリーム
ドリーム
君がクリスちゃん?
クリス
クリス
あ、うん…
ドリーム
ドリーム
わかった、僕はドリーム

インクの親友だよ
ナイトメア
ナイトメア
…ドリーム、邪魔だ、どけ
ドリーム
ドリーム
断る、クリスちゃん、あの光がある場所に行って

そうしたら夢から覚めるから
クリス
クリス
う、うん!
ウチは光がある方へ走った

ナイトメアが追いかけようとするが、ドリームが足止めしてくれた

そしてウチは光に触れた

夢はどんどん崩れて行った
〜部屋〜
クリス
クリス
……!…夢から覚めたんだ…
インク
インク
クリスちゃん!大丈夫…!?
クリス
クリス
うん…
インク
インク
そっか…ならよかった…

まさかナイトメアがこんなことを…

……クリスちゃん!後ろ!
ウチは後ろを振り向く、後ろには触手があり

辺りにはガラスの破片が散りばっていた
クリス
クリス
!?
触手はウチに向かってきて、ウチを捉えた

触手はウチごと窓から外へ出る

ウチの身体にはガラスの破片に当たった時の傷ができた
クリス
クリス
ッ……
インク
インク
クリスちゃん!
ウチは体をひねり、触手の下に足を当て触手を勢いよくひねり

触手を破壊した後、ジャンプウチを捉えていた触手の崩壊していない部分に乗った

そして、ナイトメアの元へ走っていく…
〜地面〜
ナイトメア
ナイトメア
なっ…!
ナイトメアはとても驚いていた

ウチは触手からおり、ナイトメアに蹴りを喰らわせた

……ウチのいちばんの推しはナイトメアやけど…

仕方ない…

ナイトメアは後ろに下がった

ウチはナイトメアの方へ走り背後へ周り

蹴りを喰らわせた
ナイトメア
ナイトメア
ッ……
ナイトメアは地面に倒れた
クリス
クリス
……
ウチは地面に立った
インク
インク
大丈夫!?
インクはウチに近づく
クリス
クリス
……大丈夫…
インク
インク
……って、あれ!?ナイトメア!?

一体何が…
クリス
クリス
軽くキックしただけや…身体中が痛い…
インク
インク
と、とりあえず治療するね…

ナイトメアはクロスの所に返さなきゃ…
数分後

〜リビング〜
クリス
クリス
い、痛い痛い痛い…!
インク
インク
あ、ごめんね…
トントントン
クロス
クロス
すみませーん…
インク
インク
…あ、クロス!
クロス
クロス
ナイトメア先輩が本当にすみませんでした…
クリス
クリス
大丈夫…
クロス
クロス
あ、クリスさんですか?
クリス
クリス
……うん…
クロス
クロス
本当にすみません!

なんか先輩達、妙にクリスさんのこと気に入ってしまったようで……
クリス
クリス
そ、そうなんや…
クロス
クロス
それでは俺は行きますね…
クリス
クリス
あ、うん…