無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🥀
テヒョン
テヒョン
今日は奢ってくれてありがとう(´;ω;`)
テヒョン
テヒョン
いつか恩を返すね
(なまえ)
あなた
全然、もういいですよ?



あ、相手の人の名前教えて貰ってない……
テヒョン
テヒョン
じゃ、僕はこれでーヾ('ω'⊂ )))Σ≡サラバ!!
(なまえ)
あなた
あ!え、行っちゃった



結局誰か分からず仕舞いだったな…






──現在







私は今、BTSっていう人達のLIVEに友達と来てる



握手会に当選したから、今並んでるんだけど……



(なまえ)
あなた
まだかなー、
ユジュ
ユジュ
長いねー、退屈〜
(なまえ)
あなた
共感だわㅎ
ユジュ
ユジュ
てか、あなたそんなにBTS知らんのやろ?
(なまえ)
あなた
うん、名前と2人ぐらい顔わかるかな程度
ユジュ
ユジュ
まぁ、これを機にARMYになれーい
(なまえ)
あなた
へいへいㅎㅎ
(なまえ)
あなた
あ、ユジュは誰が好きなの?
ユジュ
ユジュ
えー、私?( -ω- `)フッ ナムペンさ
(なまえ)
あなた
ドヤるなㅎㅎ
ユジュ
ユジュ
ㅋㅋ
ユジュ
ユジュ
まあいい!ナムは誰でしょう!流石にわかるよねー?
(なまえ)
あなた
ナム……?キムナムジュンの事か、あの人…?


私は指を指す



ユジュ
ユジュ
そうそう!あなたにしてはよくわかったねㅎㅎ
(なまえ)
あなた
馬鹿にしないで!۹(◦`H´◦)۶
ユジュ
ユジュ
ごめんてㅋㅋ
ユジュ
ユジュ
あ、次じゃん
(なまえ)
あなた
ほんとだ


ユジュと他愛も無い話をしてたらいつの間にか次になっていた