無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🥀
いよいよ私達の番だ……




ドキドキする、



初めは、えーと、名前が…出てこない…


ジミンさん?だっけ



ジミン
ジミン
안녕하새요〜
(なまえ)
あなた
こ、こ、こんにち、は……
ジミン
ジミン
そんなに固まらなくてもㅋㅋ
(なまえ)
あなた
い、いや、こういうの初めてで……
ジミン
ジミン
あははㅋㅋ
ジミン
ジミン
ぁぁ、そうだったㅎ
名前は?
(なまえ)
あなた
えーと、キムあなたです
ジミン
ジミン
あなたちゃんは誰推しなの?
(なまえ)
あなた
いや、推しとか居なくて、
(なまえ)
あなた
私、貴方達のことよく知らなくて……友達に誘われで来ただけなので…
ジミン
ジミン
ほほぉー、珍しい
ジミン
ジミン
これから、僕達を好きになってくれたら嬉しいな(●︎´▽︎`●︎)
(なまえ)
あなた
はい!ジミンさん?はとってもダンスが凄くてびっくりしました!
魅了されました!
ジミン
ジミン
疑問形ㅎㅎ
ジミン
ジミン
ありがとう!(´▽`)
(なまえ)
あなた
いえいえ(*^^*)
ジミン
ジミン
あ、もうお別れの時間だね…안녕(*´︶`*)ノ
(なまえ)
あなた
え!もうなんですね……ヾ(*´-`*)




次は……ジョングクさん?かな、名前をきちんと覚えないと…