無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🥀
ナムジュン
ナムジュン
あなたちゃん…だよね?
ナムジュン
ナムジュン
안녕하새요︎︎︎︎︎☺︎
(なまえ)
あなた
안녕하새요!
(なまえ)
あなた
あ、はい!


なんで知ってるんだろう


ナムジュン
ナムジュン
今なんで知ってるのかって思った?ㅎㅎ
(なまえ)
あなた
え!まぁ、はいㅎㅎ


見透かされている……!?
ナムジュン
ナムジュン
グガの話聞こえてたからね…ㅎ
ナムジュン
ナムジュン
僕の話をし出すから恥ずかしかった……///
(なまえ)
あなた
キュン



な、な、な、なんだー!この可愛さは……!


ユジュが照れるのが可愛いって言ってたけど、ここまで可愛いとは……




補足

初めの方には書いていませんが、直前にユジュが照れるのが可愛いとあなたちゃんに言いました




────


ナムジュン
ナムジュン
これからBTSを好きになってくれたら嬉しいな😊
(なまえ)
あなた
はい!もう好きです!今日好きになりました!
ナムジュン
ナムジュン
あははㅎㅎ
ありがとう(*ˊᵕˋ*)
ナムジュン
ナムジュン
안녕〜( ¨̮ )
(なまえ)
あなた
안녕〜!






ユンギさんは塩という話を聞いたな、ㅎㅎ