無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🥀
家にて──




そういや、テヒョンの連絡先入れなきゃ








数十分後





ピロン



(なまえ)
あなた
ん?なんだろ
テヒョン
テヒョン
『連絡先入れてくれたんだね!今時間があれば会えない?』



え、今から…?


まじか


(なまえ)
あなた
『はい、今なら暇なのでいいですよ』っと
テヒョン
テヒョン
『やった😊じゃあ○○に5分後来てね!よろしく!!』
(なまえ)
あなた
『わかりました!』



ふぇ!?


5分後!?やばい、服どれで行けばいいのかな……




ぱぱっとこれでいいや!



(スポーティな服装にしました)







──────



ここで…あってる?




そこには変装しているのだろうけど、オーラが漏れている男の人が居た




完全にテヒョンだ…ㅎㅎ



(なまえ)
あなた
テヒョ、ン?
テヒョン
テヒョン
あ!あなた!!時間通りに来てくれた!(*^^*)
テヒョン
テヒョン
でもよくわかったね!
(なまえ)
あなた
オーラが物凄く漏れてたからㅋㅋ
(なまえ)
あなた
一目でテヒョンだと思ったㅋ
テヒョン
テヒョン
えー、これでも変装したつもりなのに…
(なまえ)
あなた
あははㅋㅋ