無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🥀
まさか私が道端で助けた彼が、BTSのキムテヒョンだったなんて……




──1週間前








私は道端で倒れている男の人を見つけた





その人は何故か見た事あるような顔な気がした






けど、韓国には綺麗な顔の人が沢山いるから一般の方だろうと思った
(整形大国だからね……)








まあ、一応声かけてみよう




(なまえ)
あなた
あのー、大丈夫ですか?
テヒョン
テヒョン
んん…わっ!君誰
(なまえ)
あなた
あ、私はキムあなたです…
テヒョン
テヒョン
あなたちゃん?可愛い名前だね
(なまえ)
あなた
……///そうですか?



可愛い名前って言われたこと無かった……



思わず照れちゃった、
テヒョン
テヒョン
僕はもう大丈夫だから、帰r
テヒョン
テヒョン
グゥゥー
(なまえ)
あなた
ㅎㅎお腹空いたんですか?
テヒョン
テヒョン
うん…昨日から何も食べてなくて…
(なまえ)
あなた
え!それは大変、今すぐご飯食べに行こ!
(なまえ)
あなた
私の奢りでいいから!
テヒョン
テヒョン
え、いいの……?
(なまえ)
あなた
うん!
テヒョン
テヒョン
ありがとう(´;ω;`)




──もぐもぐタイム──







テヒョン
テヒョン
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
(なまえ)
あなた
(* 'ᵕ' )