無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話

昨日のようなことがあって私はマネージャーになった



なんのグループのマネージャーかはわからない



まずK -POPには興味ないし〜



てかおじさんひどくなぁい?



だって昨日マネージャーになるって言ったら

ぱんPD
ぱんPD
もう明日の飛行機予約しておいたから


だって…



準備がとにかく早い



とにかくもう飛行機のって韓国に着きました🇰🇷



ぱんPDの手下
ぱんPDの手下
あの、あなたさんですか?
〇〇
〇〇
え、はい。
なんでこの人私の名前知ってるの?



ストーカー? ((なわけ、そんなやつについてくるk殴
ぱんPDの手下
ぱんPDの手下
ぱんPDに呼ばれてここにきました。

あーね
そゆことね


ヤァー、びっくりしたわぁ


ストーカーかと思った


手下を使うならまず言ってくれ‼︎
ぱんPDの手下
ぱんPDの手下
車を用意したのでついてきて下さい。
〇〇
〇〇
はぁーい



そして私は車に乗りBig Hit っていう会社に着いた。



めっちゃでかい
ぱんPDの手下
ぱんPDの手下
こちらです。
〇〇
〇〇
あ、はい


そして私はカードをもらった。



なんじゃこりゃ?
ぱんPDの手下
ぱんPDの手下
このカードはこの会社で働く人達が必ずもっているものです。
絶対に無くさないで下さい。



え、なくすかもしれない



保証してくれないんだ


ハハハ、笑ってる場合じゃないよー
私なくすかもだよぉー、どうしようどうしよう…
ぱんPDの手下
ぱんPDの手下
こちらについてきて下さい。
〇〇
〇〇
はい…
〇〇
〇〇
☁︎ちょっと不安になってきた


そしてエレベーターに乗って最上階になった
ぱんPDの手下
ぱんPDの手下
ここが社長室になります。
〇〇
〇〇
はい…


コンコン🚪
ぱんPD
ぱんPD
いらっしゃい!
ぱんPD
ぱんPD
どうだ。ここの会社はとても広いだろ?
〇〇
〇〇
うん…
ぱんPD
ぱんPD
どうした?元気が無いな
〇〇
〇〇
ちょっと不安なの
〇〇
〇〇
ちゃんと仕事ができるか
ぱんPD
ぱんPD
大丈夫だよ、お前はできr



コンコン🚪
失礼します



すると7人の男の人が部屋に入ってきた
ぱんPD
ぱんPD
おーーー、いらっしゃい
ぱんPD
ぱんPD
あなた、この人達のマネージャーになるんだよ
〇〇
〇〇
え…
〇〇
〇〇
男なの?
ぱんPD
ぱんPD
そうだよ。
まず自己紹介しようではないか
ぱんPD
ぱんPD
じゃぁ、まず君たちから
BTS
BTS
トゥセ、バンタン アニョハセヨー バンタンソニョンダン イムニダ


おーー、これが今時の挨拶の仕方なの?
キム・ナムジュン
キム・ナムジュン
僕がこのBTSというグループのリーダーです。
キム・ナムジュンです。
よろしくお願いします。
キム・ソクジン
キム・ソクジン
僕はこのグループの最年長の
キム・ソクジンといいます。
よろしくお願いします。
ミン・ユンギ
ミン・ユンギ
ユンギ、ミン・ユンギです。
チョン・ホソク
チョン・ホソク
僕はこのグループの希望担当チョン・ホソクです。
よろしくお願いします。
パク・ジミン
パク・ジミン
パク・ジミンです。
よろしくお願いします…
キム・テヒョン
キム・テヒョン
キム・テヒョンです。
よろしくお願いします…
チョン・ジョングク
チョン・ジョングク
チョン・ジョングクです。
よろしくお願いします…



最初の人達元気良かったけど、最後の人達大丈夫?


全然声出てないけど笑笑
ぱんPD
ぱんPD
はい、じゃあ次あなた
〇〇
〇〇
今日からあなたたちのマネージャーになるあなたです。
よろしくお願いします。





  next⇨




変なところで切ってミアネ〜