無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

703
2021/06/27

第15話

“差別”


in バス

宮 侑
なぁ、角名〜?
角名 倫太郎
ん?なに。
宮 侑
ポッキー持ってきてへんの?
角名 倫太郎
ある。
宮 侑
頂戴。
角名 倫太郎
500円
あなた
角名くん、ポッキーちょーだ〜い
角名 倫太郎
はい、どうぞ。
宮 侑
差別や!!
あなた
これぞ、3年の実力
赤木 路成
バレーの技術じゃあ、侑に負けとるけどな!
あなた
そりゃそうやん、未経験者やで?
大耳 練
侑、言い返してもええんやで。
宮 侑
恐れ多いですわ。
宮 治
……おにぎり食うか?
宮 侑
なんで、滅多にないバスやのに飯食わなあかんねん!
あなた
ちょっとボリュームダウンしてなぁ。寝てるやつおるから。
あなた
アランくんとか、アランくんとか、アランくんとか
宮 侑
アランくんだけやん。
あなた
せや治くん、おにぎりちょーだいや
宮 治
はい、
角名 倫太郎
(この人どんだけ食うんだ。)
あなた
チベスナァ!今でも失礼なこと考えたやろ!!
角名 倫太郎
そそ、そんなことないですよ。





NEXT >>>>