無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

347
2021/06/08

第29話

28
沖縄から帰ってきて数日、プレゼントの開封も終わり今日はあなたと初塾!


ほんまにお受験するんかな(苦笑)
濵田崇裕
なぁーあなた?
あなた
なーにー?
濵田崇裕
可愛いお洋服着たいん?
あなた
だーめー?
濵田崇裕
お勉強たくさんせなあかんねんで?
あなた
お勉強?
濵田崇裕
そうやで?
あなた
お勉強ってなーにー?
濵田崇裕
お勉強っていうのはね…
俺なりの言い方でジェスチャーしながらあなたに教えてあげた。

あなたはまだわからないみたいで首を傾げてたけど(笑)

















濵田崇裕
あなたーお出かけや!
あなた
⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
塾に到着して手続きをし先生に託した。

塾講師
「明日からは同席しなくて大丈夫ですがお迎え何時頃来ますか?」
濵田崇裕
明日は朝から仕事入ってるので
お昼前にはお迎えいけるようにします。
塾講師
「わかりました。よろしくお願いします」
あなた
パパー?
濵田崇裕
あなた、どうしたん?
楽しい?
あなた
みーて?
濵田崇裕
あなた書いたん?
あなたが見せてきたのは短時間に書いた絵だった。
あなた
うん!!
塾講師
「上手だね!」
濵田崇裕
すごいやん!
初めてあなたが書いたから思わずギュっとしてあげた。
塾講師
「あなたちゃんもっとお絵描きしようか」
あなた
うん!!!
濵田崇裕
あなたがんばれー
あなた
はーい!!





楽しそうにお絵描きしたり言葉遊びって言うのかな勉強の一つなんやなーって思いながら動画を撮った。

もちろん許可は得ている。
塾講師
「濵田さーん」
濵田崇裕
あ、はい!
塾講師
「これからのスケジュールなんですけどお時間大丈夫ですか?」
濵田崇裕
大丈夫です
スケジュールを聞いてこの生活にあなたが慣れてきたら時間を長く取ってやって行こうと言うことになった。


塾講師
「受けたい幼稚園ありますか?」
濵田崇裕
あなたが指差したのは夢が丘幼稚園でした。
可愛いのが好きみたいです
塾講師
「結構名門ですね。父子家庭でここをお受験するってあまりないので大変かもしれません」
濵田崇裕
あなたが行きたいと言うなら頑張ります。
亡くなった妻も喜びますし
塾講師
「わかりました。頑張りましょう!」


























難しいということに直面。
やらないよりかは悠希もやってダメだった方がまだ怒らないだろう、そう思った。
濵田崇裕
あなたー
あなた
はーい
濵田崇裕
手汚れてるやん(笑)
あなた
??
濵田崇裕
お手手洗いに行こー
あなた
はーい
濵田崇裕
ありがとうございましたー
塾講師
「お気をつけてー。また明日ねーあなたちゃん」
あなた
はーい、あーとぉ




あなたの手を洗ってそのまま仕事に向かった。