無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

393
2021/05/09

第27話

26
--海--

あなたの初海!!
桐山照史
海ーーー
テンションが上がってる俺らとは逆に波が怖いのかしがみついてるあなた。

濵田崇裕
怖い?
あなた
……
濵田崇裕
パパも一緒やから
あなたにパパと一緒って言うと少し安心した顔になった。


それでも砂浜に降ろそうとすると泣きそうになるからずっと抱っこしてる状態。


小瀧望
あなたちゃん、ダメ?
濵田崇裕
あかんな。
波が怖いのかも
桐山照史
あなたちゃんあっくんのとこおいで?
あなた
んーん( ´•̥_•̥` )
桐山照史
抱っこしてもあかん?
濵田崇裕
ダメやなー
重岡大毅
音が怖いのかな?
小瀧望
プールと違うからね
神山智洋
濵ちゃん俺変わるから行ってきたら?
濵田崇裕
大丈夫やで
藤井流星
濵ちゃんが子ども優先なっとる(笑)
神山智洋
(笑)
濵田崇裕
一応パパやからね(笑)
中間淳太
神ちゃん託してみたら?
神山智洋
うん。
海岸揃って散歩してみる
濵田崇裕
じゃーお願いします。
あなた
やーやー(泣)
神山智洋
あなたちゃん、神ちゃんとお散歩しよ?
あなた
おちゃんぽ?
神山智洋
そう。
行こう?
あなた
うん…



神ちゃんに託したものの不安は募るばかり。



しげと遊んでても神ちゃんを目で追ってしまう。
重岡大毅
濵ちゃん?
多分やけど神ちゃん波の音に慣れさせてるんやないかな?
濵田崇裕
え?
重岡大毅
いや、ギリギリのところ歩いてるやん。
濵田崇裕
ほんまや
神ちゃんは抱っこしながら波打ち際に寄ったりしていた。

あなた
……降りてみる
神山智洋
降りる?
神ちゃんがあなたを降ろししっかり手を繋いでくれていた。
神山智洋
あなたちゃん、海のお水はしょっぱいから飲んじゃダメよ?
あなた
はーい!
波が来るところまで来てもあなたは慣れてきたのか遊びだした。
神山智洋
あなたちゃん波来るー
あなた
キャハハハ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
濵田崇裕
よかった…
神山智洋
海入ってみる?
あなた
こわい?
神山智洋
抱っこしてるから大丈夫よ
あなた
うん



















神ちゃんに呼ばれて抱っこしながらプールの時と同じようにしてあげたら海にも慣れてきたのか笑うようになった。


重岡大毅
あなたちゃん、ニャーニャーの浮き輪使おうか
あなた
うん!
小瀧望
神ちゃんも浅瀬なら大丈夫やろ!?
神山智洋
浅瀬ならね
小瀧望
遊ぼー
神山智洋
はいはい(笑)







あなたも海に慣れたところで全員が海から上がり着替えた後スタッフさん含めてあなたの誕生日パーティーをすることにした。










何か贅沢な誕生日やなー(笑)