無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

257
2021/10/30

第35話

34
最近、あなたは負けず嫌いなところがある。

この前のWESTん家でわかったことやけど
あなた
パパー
濵田崇裕
どーした?
あなた
お出かけ?
濵田崇裕
そうやで!
今日は午後からパパのお仕事場やで?
あなた
お絵描き?
濵田崇裕
お絵描きするところ行こうな?
あなた
うん!
今日は2日ぶりの塾。
濵田崇裕
先生の言うこと聞くんよ?
あなた
うん!
濵田崇裕
今日な?
めーちゃんがお迎え行くからね?
あなた
パパはー?
濵田崇裕
パパはお仕事やねん…
あなた
……やーやー
濵田崇裕
行くのやめる?
あなた
パパといっちょ?
濵田崇裕
行かないならパパと一緒やけどお仕事やからめーちゃんと一緒におって?
あなた
……はーい


初めてあなたが我儘を言った。


無理強いさせたくなくて今日は行かないことにした。
塾にも連絡したらあなたぐらいの子はよくあるから気にしないでと言われた。
















そしてご飯食べてあなたと現場に向かった。











濵田崇裕
次は行こうね?
先生が楽しみにしててねって言ってたよ
あなた
おたのちみ?
濵田崇裕
そうやで?
なんだろうね?
あなた
何かなー?
あなたは俺にぎゅーってしながらニコニコ話してる。


タクシーの運転手もニコニコしとるし(笑)







--現場控室--

濵田崇裕
みんな揃ってる…
桐山照史
残念やな!笑
マネージャー/梅木
マネージャー/梅木
あれ!?
濵田崇裕
梅ちゃんごめん!
あなた、この通り今日行かなくなったから
マネージャー/梅木
マネージャー/梅木
いや、いいけどさ
具合悪いの?
濵田崇裕
ただ行きたくないだけ
中間淳太
あなたちゃん行きたくなかったの?
あなた
ごめんなしゃい…
中間淳太
謝らなくてええよ?
桐山照史
あなたちゃんパパといたかったんやね?
あなた
パパといっちょ…
小瀧望
あなたちゃん寂しくなっちゃった?
あなた
うん…
藤井流星
最近仕事仕事だったもんなぁ
あなた
パパ…
濵田崇裕
大丈夫、おるからね?
あなた
うん…
不安そうにしがみつくあなたに俺は少し迷いを感じた。



そこまでして幼稚園受験するべきなのか…



あなたは賢いし幼稚園を有名なところにしなくても小学校でいいんじゃないか、悠希は有名な幼稚園にあなたを入れたかったのか…



あなたのこの姿見て悠希は悲しむだろうか…



色々な気持ちが複雑になっていく。



重岡大毅
淳太ー
あなたちゃん幼稚園受験させなくてもいいんちゃうん?
小瀧望
悠希さんのノートに書いてあったんやろ?
重岡大毅
そうやけどさ…
なんか可哀想やんか
神山智洋
こんな小さい頃から塾行かせるのわね…
重岡大毅
おん、それにさ
悠希さんがノートに書いてあったの全てやるん?
濵田崇裕
え?
重岡大毅
いや、
よくよく考えたらさ悠希さんが濵ちゃんと叶えたいことであって濵ちゃん一人になった今はあなたちゃんの笑顔のが悠希さん喜ぶんやない?
神山智洋
しげ?
重岡大毅
これだけあなたちゃん離れたくないって塾も行かなかったんやで?
可愛い洋服なんていくらでも着れるし濵ちゃんも悩んでる気がすんねん
濵田崇裕
しげにはなんでもわかるんやな…
中間淳太
濵ちゃん?
濵田崇裕
今日行きたくないって言われた時悩んだんよ
藤井流星
まだ数回やろ?
中間淳太
よくあることなんやろ?
それに後2年はある
小瀧望
ノートに書いてあるのは叶えたいんやないの?
そう濵ちゃん言われたって…
神山智洋
濵ちゃん?
濵田崇裕
叶えてねって言われたで…?
桐山照史
2年あるというよりほんとに受けるなら一年ぐらいでも良さそうやけどな
中間淳太
先生になんて言われたん?
濵田崇裕
まだ何も聞いてないけど…
中間淳太
なんやそれ…
ちゃんと聞いてこいよ(苦笑)
濵田崇裕
難しいことしか聞いてへん…
あなたが楽しく通ってたらええかなって
重岡大毅
やっぱりアホやなー(笑)
中間淳太
俺も今度行って話聞いとくわ
桐山照史
その方がいいよな(笑)
濵田崇裕
お願いします…(苦笑)
あなた
パッパー(泣)
濵田崇裕
はいはい
一緒におるからな
あなた
うん…