無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🐙とある楽屋で、
M誌ネタバレ含みます、










 
姫川said











『あ〜、尊い、天使やな、マジ無理、保護したい、こんな子がお兄ちゃんとか、ホンマやばいな、おん、ばぶたんの破壊力、マジワロタピーポー←
つか、ばぶたんかわええ、あー、無理や、そろそろ死n(バシッ』



重岡「さっきからブツブツうっさいねんゴリラ、」
   

『痛っ〜、か弱い乙女になんてことを!
ホンマひどいやつやわ〜。しかもゴリラちゃうし!』


重岡「すまんすまん、ゴリラちゃうくてゴジラの間違いやったみたいやw」  


『ホンマしばくで、だいたi「そんぐらいにしとき〜!」』


神山「ほんまに自分らヒートアップしたら手の施しようあらへんから、んであなた、叩かれたとこ大丈夫か?」


『大丈夫やで〜!ホンマに智洋は、気が効くなぁ!どこかの誰かさんと大違いやわ、』


重岡「誰かお前なんかに優しくするか、おm『ヤバイ〜、ホンマ尊い、この前少クラで会ったっきりやし、今度洋服あげへんと身長1センチでかなってるし』人の話聞けや!」



『さっせ、天使に夢中やったわ、』


桐山「あなたさっきから誰の記事見てんの?」


『え、うちの言葉聞いただけでわからへんの?』


桐山「分かるかw!ヲタクちゃうんやしw!」


『この可愛い可愛い天使ちゃんやで、』


中間「美 少年の6人がもしもお兄ちゃんになったら、?」


『せやで〜。つかさ、この龍我めちゃめちゃ可愛くない?
なぁ、淳太!(圧』


中間「お、おん、(引き気味」


『ホンマかわええの〜、』


小瀧「あなたは、そんな子がタイプなん?」


『ん〜、タイプではないなぁ。ただ単に可愛がってるだけやでw』


濵田「あなた昔から可愛い子可愛がるよな。ちびりゅせとか岩橋くんとか」
 


『だって可愛い子可愛がって損ないやん!』


 
桐山「考え方が完全にヲタクw」



『いや、ヲタクやし、ってかカレンダーもうすぐ発売やん!めっちゃ楽しみなんやけど〜!中間様!お金かs「嫌」チッ』


藤井「ん〜、何の話〜?」


『こんな騒がしくて起きひんとか天才やなw』


藤井「ありがとう!」


『別に褒めてへんけどw』


藤井「え、」





























みんなは勿の論で

カレンダー5つぐらい←

予約してくれたよね?

予約してへん子は、急いでや!

8日に発売やからね!



ついでに嬉しいことにジャニーズWESTで

表紙を飾らせて

もらってるM誌も買ってね?(圧


龍我がとにかくかわええから
 
一回めくって見てやってや!


よろしゅう頼みます〜。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

めろん💋
めろん💋
淳太くんの愛で地球破壊すっぞ!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る