無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

あ、あとこれ…すぐ終わります。

短編です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


朝学校に行く途中…


前の方にあなたが見えた。

1人だし話しかけようっと
じみん
じみん
あなたーー!


そう呼ぶと振り返って、すごく笑顔だった。



あれ…?笑ってる。僕の前でちゃんと笑ってる。


















すると走ってくるあなた





あんな笑顔で…嬉しい。////

























でも、そんな気持ちはすぐに消え去った。







だってあなたが呼んだのは
あなた
あなた
ぐくー!
僕じゃなかったから。
ぐく
ぐく
あなたおはよっ


あのジョングクの笑顔しかあなたの目には写ってない。




こんな近くにいる僕にすらきづかないなんて…


それとも気付かないふり?









しかも、ぐく呼び?

前聞いた時は、じょんぐく先輩だったのに…












もう、本当は付き合ってたりするのかな…
じみん
じみん
…っあ…



あなたとじょんぐく…


僕が近くにいるなんて知らずに、手…繋いでる…



もう、学校つくのに…


























あぁ、もう僕に勝ち目はないんだね。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🌹あにら🌹
🌹あにら🌹
ばんたんのお話しゆっく〜り描いてきます✌️✌️✌️✌️✌️✌️✌️✌️ 友達が考えた名前でやっていきます〜 ドボイズ好きな人とかおらん?
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る