無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

247
2020/03/21

第18話

*ステージ-18*
愛璃、影人、優が3人で主役を務める、映画『言葉以上の気持ちを君に』。撮影が始まってから、早くも2週間が経った。
この映画は、簡単に説明すると、愛璃の演じるヒロインを、影人と優の演じる2人のヒーローが奪い合う話だ。最終的には、ヒロインは優の演じるヒーローと結ばれる。
今日は、優の演じるヒーローが、ヒロインに告白するシーンの撮影だった。愛璃は、
(愛璃)優との告白シーンは前にオーディションでも演じたし、大丈夫でしょ!
と、たかをくくっていた。
スタッフ
澄原さん、そろそろカメラの前にスタンバイお願いします!
愛璃
はい!
愛璃が、すでに優がいるカメラの前にスタンバイすると、優が急に口を開いた。
愛璃ちゃん
愛璃
はい?
愛璃は、返事をし、優と視線を合わせた瞬間、優に肩を抱き寄せられた。驚いたのもつかの間、優は耳元で、ゆっくりとささやいてくる。
最初に会ったときから、ずっと愛璃ちゃんのことが好きなんだ。俺と、付き合ってよ。
愛璃がその言葉の意味を理解する前に、優は愛璃から離れ、
返事は……映画の撮影が終わったあとでいいから。
と続けた。優の言葉の意味を問おうと、愛璃が口を開いた瞬間、
スタッフ
撮影始めまーす。
スタッフの声に遮られた。
様々な感情の波に呑まれそうになる愛璃を置いて、撮影は始まってしまった。
『よぉ、今帰りか?だったら、一緒に帰ろうぜ!』
反射的に、愛璃も流されるようにして演技を始める。
愛璃
『うん、もちろんいいよ!』
そうして、なんとか談笑のシーンをやり過ごすが、ついに、告白シーンが訪れた。
『お前……俺のことどうおもってんの?』
愛璃
『どうって?』
『だから、っ……、お前のことが、好きだってことだよ……。』
愛璃の演技に異変が起きたのは、その後だった。
愛璃
『そんなの……私も……すっ……』
その言葉の先が言えない。だんだん呼吸が荒くなっていく。顔が青白く変わったと思うと、愛璃は半ば倒れるようにして、その場に座り込んだ。
監督
カットカァーット!
スタッフ
澄原さん、大丈夫ですか!?
スタッフたちが駆け寄ってくる。
愛璃
だ、大丈夫……です……
愛璃はかろうじて呟いた。
監督
うーん、とりあえず今日の撮影はやめたほうがよさそうかな。──
遠くで、監督とスタッフの話し声が聞こえる。それを意識の外で聞きながら、愛璃は気を失った。