無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

「友達N君」
君が下を向いてたら話を聞くよ
それからは面白い話をしよう
涙が溢れ落ちないように


歩幅を合して一緒に歩くよ
私が君を追い越して先頭を突っ走る時もあるけど
それができない時は精一杯努力をするよ

君が笑顔でいられるように
仏頂面より笑ってる顔が見たいから
暇を見つけては君に話しかけて
今日一番の笑顔になってくれればって…


自己満足かもしれないけど少しでも私は嬉しい
君が落ち込んでる時は頼れよって言いたいけど
そっとして私が変わりに
君の分笑顔を絶やさないようにしよう
また笑ってくれたなら
君の友達で良かったなって思う

喧嘩もするし勝手な私の考えだけど
「これからも、よろしく。」