無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

躾け方のお手本


一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
はぁ…
深い溜め息がこぼれる朝。

いつもなら家の前で待ってるはずなのに
今日、彼の姿はなかった。
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
(やっぱり「好きじゃない」って
言ったから…傷つけたよね…)

悲しそうな彼の顔を思い出して
また深い溜め息が溢れた。
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
 こんなんじゃ躾けどころじゃないよ…
星野 優香
星野 優香
なーに落ち込んだ顔してんの?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
優香…
星野 優香
星野 優香
どうしたの?
昨日はあんなに監視するって
意気込んでたのに
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
実はそれ
全部バレてたんだよね
星野 優香
星野 優香
あちゃ~
それでケンカした感じ?
ひなたわかりやすいから
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
ケンカというより
ちょっと傷つけちゃったかも
星野 優香
星野 優香
そっか~…
なら簡単だよ!
黒瀬をデートに誘ってみな!
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
デート!?
このタイミングで!?
星野 優香
星野 優香
今だからこそだよ!
ほらこれ、心理学の先生が近くで
講演会を開くみたいなんだ~
勉強にかこつけてなら
ひなたでもデート誘えるでしょ?

優香から一枚のチラシをもらった。

そこには「犯罪心理学」「サイコパスの心理」
との文字が…。
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
こ、これだ!!

ここに行けば彼を躾けるヒントを
得られるかも知れない。

それにデートにも誘えるし一石二鳥だよね?

私は勇気を出してきょーちゃんを
デートに誘ってみることにした。







​───そして日曜日。


なぜか服を選ぶのにも、
ちょっとしたメイクをするのにも
時間がかかってしまった。
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
ひなた、遅いよ
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
きょーちゃん…ごめんね
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
それは何に対してのごめんかな
遅刻したこと?それとも
「好きじゃない」って言ったこと?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
…どっちも

そう言うと彼は私の頭をポンと撫でて
ニコリと笑った。
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
ひなた最近ずっと
俺のこと考えてたでしょ
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
え?
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
俺があれくらいで傷つくと思った?
わざと引いてみたんだけど…
まさかデートに誘われるなんて
思ってなかったな
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
きょーちゃん、まさか…!
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
ほらいこ!

私の言葉を遮るように、彼は手を繋いだ。

やっぱり彼には敵わないみたい。

躾けるどころか、手のひらの上で
転がされてばかりだ。

正直ここまでくると悔しい!
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
(今日は講演で色々学んで
いつか絶対きょーちゃんを
ギャフンと言わせてやる!)


そう意気込んでやってきたのは
大きな市民ホール。

入り口には「心理学者:本郷幸人ほんごうゆきひと講演会」
との看板が立っていた。

あまり人がいなかったため
私たちは最前列に陣取ることができた。
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
ひなたって心理学とか
興味あったんだね
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
う、うん
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
ふ~ん…

も、もしかして私の思惑がさっそくバレてる?

なわけないよね…?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
きょーちゃんは
心理学とか興味ないの?
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
最近の連続殺人事件には
ちょっと興味あるかも
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
へっ?

開演のアナウンスが入り
それ以上彼に何かを聞くことはできなかった。



そしてさっそく講演が始まった。
本郷 幸人
本郷 幸人
心理学者の本郷です
スタイルのいいスーツ姿に
眼鏡が似合う本郷先生は若くてイケメンだった。

やけに整った顔に
少しだけ学者っぽくないなと感じた。
本郷 幸人
本郷 幸人
心理学と言っても
様々な分野があります
中でも私は犯罪心理学を
専門に研究してきました

先生は最近この地域で起きている
連続殺人事件について取り上げてくれた。
本郷 幸人
本郷 幸人
どうして犯人は金属バットという
凶器をつかったのでしょうか?
刃物の方が手っ取り早く、または
縄で首を絞めあげる方が周囲に犯行が
バレにくいと思いませんか?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
(た、確かに…)
本郷 幸人
本郷 幸人
きっと犯人はこう考えたはずです
「すぐに死んでは面白くない」と
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
そんな…
本郷 幸人
本郷 幸人
犯人は猟奇殺人犯
つまりサイコパスなのでしょう
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
 サイコパス…

ちらりと隣をみると
きょーちゃんと目が合った。
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
なに?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
う、ううん…

本郷先生は続けてサイコパスの特徴を紹介した。
本郷 幸人
本郷 幸人
サイコパスは表面的には
魅力的に見えます
そして口が達者とも言われ
平然と嘘をつき相手を惑わせる
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
(きょーちゃんだ!)
本郷 幸人
本郷 幸人
さらに、冷淡で他者への共感は
ゼロと言っても過言ではない
良心が欠如しているとも
言われています
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
(これもきょーちゃん…)
本郷 幸人
本郷 幸人
そしてなにより、日常生活に難なく
馴染むことができます
一見優しそうな人でも裏には
狂気を隠していたりするのです
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
 狂気…
まるでパズルのピースのように
当てはまっていく。

話に夢中になりすぎていたのか
あっという間に講演は過ぎていった。

黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
ひなた帰るよ
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
あれ…もう終わったんだ
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
ひなたって
ああいう男が好きなわけ?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
なんのこと?
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
何って…ずっと
あいつのこと見てたじゃん
楽しそうにさ
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
そんなんじゃないよ!
黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
じゃあ今日の講演を聞いて
もしかして俺のこと
連続殺人犯だとかサイコパス
だとか思った?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
そ、それは…

核心をつかれて何も答えられない。

黒瀬 恭平
黒瀬 恭平
やっぱりな…
俺は帰る

きょーちゃんはそのまま私を置いて
会場を出ていってしまった。
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
はぁ…もうどうすればいいの?
本郷 幸人
本郷 幸人
大丈夫ですか?
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
先生!?
本郷 幸人
本郷 幸人
すみません
さっきの会話を
聞いてしまって
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
そ、そうですか…
本郷 幸人
本郷 幸人
もしかして力になれるかもしれません
相談ならなんでも聞きますよ
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
じ、実は…

私は本郷先生に今までの彼の行動や
躾けようとしていることを打ち明けた。

先生ならもし何かあっても
彼を助けてくれるはず。

なぜかそう思ったから。
本郷 幸人
本郷 幸人
そっか
君の彼はサイコパス
かもしれないね
一ノ瀬 ひなた
一ノ瀬 ひなた
はい…
本郷 幸人
本郷 幸人
でも大丈夫
サイコパスでも社会と
上手くやっていく方法はあるんですよ
本郷 幸人
本郷 幸人
何かあったら
ここに連絡して下さい

先生は優しそうに微笑んで
私に一枚の名刺を差し出した。