第14話

ユナ.
ホシ
ホシ
ユ…ユナが……!!
ホシ
ホシ
ユナが……

























































出ていった
あなた

え…?

ウジ
ウジ
…これ、、、
オンニ達へ。
ごめんなさい。
もう耐えきれなくなったので、逃げさせてもらいます。
ユリアは最低です。
私も最低です。
何故なら、私が今いなくなったらオンニに重点的にいじめが行われるのが分かっているから…。
やっぱり、双子って似るんですね。
今まで楽しかったです。
さようなら。またいつか会いたいです。こんな最低な私でもあってくれるなら…。
今までありがとうございました。そして本当にごめんなさい。最後に…オンニ。ウジオッパ。ジュニオッパ。スニョンオッパ。バーノンオッパ。ドギョムオッパ。私を信じてくれた皆さん、励ましてくれた皆さん。大好きです。
あなた

なん…で、

あなた

昨日、お互い辛いけど頑張ろうって言ってたのに……

あなた

ユリア。許さない。

そう思ったのもつかの間。
ユリア
ユリア
あなたオンニ〜!
こっちきて!!
ウジ
ウジ
行くな。
あなた

……いや、行くよ、

ホシ
ホシ
危ないかも知れないんだよ?
あなた

っっ

ユリア
ユリア
早くきて。
あなた

行くよ、。

そして、ホシ達は…このときに無理にでも止めなかったことを後悔した。