第25話

24
989
2023/08/31 15:00







チュン…チュンチュン……




ガバッ…

椿 あなた


いつの間にか朝になっていた。




昨日ぶるーくに強く抱きしめらすぎて気を失ってしまったのだろうか。




普段ならそんなことしないのに…







「ん…」

椿 あなた
…シャークん?
シャークん
ん、はよ
椿 あなた
なんで此処に…
シャークん
昨日廊下通ったらちょうどぶるーくとお前を見かけて
シャークん
そしたらお前ぶるーくの腕の中で気抜けてたから
シャークん
ぶるーく引きはがしてベット寝かした


シャークん
俺はただ普通に疲れて此処で寝させてもらっただけだから大丈夫(ヨシヨシ
椿 あなた
ん、…










シャークん
それよりお風呂でも入ってこれば?
シャークん
今まだ5時だから誰も居ないと思うぞ
椿 あなた
そっか、ありがと
椿 あなた
私のベット使って寝てて良いからね












シャークん
…おう
















この屋敷には沢山の種類の浴場がある。



メイド用浴場、執事用浴場、来客用大浴場、他にも私達には各自室に大きなお風呂があったりなど





お風呂によってデザインが変わっていて、さすが名家の貴族なだけあるなと思う。

 








今はシャークんが私の部屋に居るから、今日は始めてメイド用浴場をこっそり使わせてもらおうと思う。






こういうことするの初めてだからばれないか心配だな。















コツ、コツ、コツ…


きりやん
あれ、あなた?
椿 あなた
おはようきりやん
きりやん
おはよ~


きりやん
今からご飯らしいから一緒に行く?
椿 あなた
そうなの?
椿 あなた
じゃあ行く
きりやん
うん、行こっか










コツ…コツ…




きりやん
それよりなんで一人なの?
椿 あなた
シャークんに言われてお風呂に入ってたの
きりやん
昨日入らなかったの?
椿 あなた
あ~…それが…





私はきりやんに昨日あったことを話した。




きりやん
…なるほどね~
椿 あなた
私もなんでぶるーくがこんなことしたのか分かんないんだけどね…
椿 あなた
お姫様になりたいって言ったのは私、
椿 あなた
そうぶるーくが言ってたけど、
椿 あなた
そんなの…絶対有り得ないし







きりやん
ねぇあなた?
椿 あなた

























きりやん
俺はあなたが婚約相手だったら嬉しいけどな~
きりやん
なんて

椿 あなた
へ、?
きりやん
他の奴らがあなたと本気で婚約したいのかは俺にはわかんないけどさ
きりやん
少なくとも俺はあなたとずっと一緒にいたいな






きりやん
もしあなたが嫌がったとしても、ね








椿 あなた
…なんで…そこまで…















きりやん
ぶるーくも言ってたでしょ?
きりやん
お姫様になりたいって言ったのはあなた
きりやん
だから俺達はあなたをお姫様にしてあげるんだよ







きりやん
俺らのお姫様に…ね











夏休みは嫌という程あるのに宿題は残っちゃうのなぁぜなぁぜ?





私は一つも宿題終わってません。









嘘じゃないですオールします。

プリ小説オーディオドラマ