無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

🍎







そんなことを考えながら、ボーとしてた



























そしたらテヒョンが、後ろからハグするから、













You
You
キャッ、







変な声出ちゃったじゃん/////


















テヒョン
テヒョン
あなた、可愛いよね
You
You
そ、そう?
テヒョン
テヒョン
ねぇ、彼氏彼女なんだからさ、、











と言って私の顔をテヒョンの顔の方に向けた




テヒョン
テヒョン
理性保てないんだよね、、
You
You
ぇ






そして、私をソファーに押し倒した















こんなことグクともあんまりしなかったから慣れてないや、













You
You
テヒョン?
テヒョン
テヒョン
ん?
You
You
なn………





キスをしてきた


















You
You
ッ






するとテヒョンが舌を入れてきた
























こんなキス苦手だから、逃げるけど、


















テヒョンは私の舌に絡ませて離さない












You
You
んぁっ……
テヒョン
テヒョン
笑笑








テヒョンの顔は余裕があって慣れてる感じだった





















私は苦手なんだ


















そんなことを考えていたら、私の唇からテヒョンの唇が離れた

















You
You
ハアハア………
You
You
テヒョン、、、私、苦手、
テヒョン
テヒョン
何が?
You
You
こういう事
テヒョン
テヒョン
へー
テヒョン
テヒョン
しゃあさ、俺がさ苦手から快感に変えてあげる、次したいって思えるようにする
You
You
え
テヒョン
テヒョン
俺がリードするから、




って言って、またさっきのキスをした



















そして今度は








私の私の服をぬがし始めた





















抵抗するけど、やっぱり、男の人の力には勝てない。、




















もう、諦めて力を抜くことにした





















すると、スカートも脱がしてきた





















ブラとパンツだけじゃん←





















You
You
/////






するとテヒョンもベルトを緩め始め
























〇〇〇を出してきた












You
You
デカッ←ごめん
テヒョン
テヒョン
あなたのせいだよ?
You
You
ねぇ、やめよ
テヒョン
テヒョン
今頃遅いよ







私のブラのホックを外し始めた

















You
You
キャッ
テヒョン
テヒョン
ねぇ、煽ってる?
テヒョン
テヒョン
そんな声興奮材料なんだけど











胸を触って、揉む





















You
You
いゃぁあん…………ん
テヒョン
テヒョン
もう感じてんの?
テヒョン
テヒョン
あなた、早いよ










今度はテヒョンのあれを私のあれに





あれが多いですね


















入れてきた







You
You
いゃぁあん……んぁっ
テヒョン
テヒョン
濡れてる
You
You
/////







するとテヒョンは、腰振りのスピードを早くしてきた










.
You
You
ん………いやぁぁあん





















.
テヒョン
テヒョン
もう、イきそう?
You
You
んぁっ……イくッ










.
You
You
んぁっ……いゃぁあっん
テヒョン
テヒョン
ィったね












こんな時でも












グクって頭にあるのは気のせい_____





next