無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

252
2021/08/20

第10話

雪野family
皆さんこんにちは〜

雪野あなたでーす!そろそろ挨拶を考えたい!

今日は久しぶりに私の地元、名古屋へ里帰りしま〜す

(この世界にコロナなど存在しません!)

ついでにみんなに私の家族を紹介するね!

私は4人兄弟の2番目なんです!

兄、私、弟、弟って感じです。

ちなみに弟たちは双子でーす!

私と母以外全員男なんです😢

名前は

兄→そう

弟(上)→駿しゅん

弟(下)→ゆう です!



名古屋駅とうちゃーく!

蒼「あなた〜」

駿.悠「お姉ちゃーん!!」

いました!

兄貴がクソデカボイスで私の名前を叫びやがった💢

一応ジャニーズだぞ?!

まぁ弟たちは可愛いから良しとしましょう←

双子たちとは結構は歳が離れてます。

私は今27歳で、双子は今12歳でなんと15歳差なんです。

兄貴は実家暮らしで今29歳です。
蒼「おっす」

あなた「よっ兄貴」

駿.悠「「お姉ちゃん!久しぶりー!」」

あなた「駿、悠おっきくなったね😄」

悠「俺はもう154cmもあるんだー」

駿「俺の方が身長デカいもん!」

あなた「2人ともめっちゃ成長してるから笑」

この子たちは私が上京してから産まれた子たちなんで

一緒に暮らしたことがないんですよ…

蒼「早く家帰ろーぜー」

あなた「車で来たの?」

蒼「おう」

あなた「早く母さんと父さんにも会いたいし、帰ろっか」

駿.悠「「うん!」」

さすが双子、シンクロしすぎ笑
ガチャ🚪

あなた「父さん、母さん、ただいまぁ」

蒼「あぁ疲れた」

駿.悠「「ただいま〜」」

母「あらぁ、おかえり」

父「おぉあなた、おかえり」

あなた「父さん白髪増えた?」

蒼「それ俺も思ってた。」

あなた「駿と悠の学校に行くときはちゃんと染めてよ?」

父「帰ってそうそう酷いなぁ😅」

あなた「気をつけてね?」

父「分かってる分かってる。」

母「でも父さん、あなたが出てる番組全部録画して観てるのよ?」

あなた「へぇ、ありがと」

駿.悠「「俺らも観てる!」」

あなた「ふふっ、ありがとね!」

母「どれくらいこっちに居られるの?」

あなた「明日も午後から仕事あるし、1泊して明日の朝に帰ろっかなーって思ってる。」

悠「今回もすぐ帰っちゃうの?」

駿「しょうがないよ、お姉ちゃん仕事あるし…」

あなた「ごめんね?また長期休暇取れたら泊まりに来るからそれまで待ってて?」

悠「まぁお姉ちゃんとはテレビで会えるからいいや!」

なんて可愛い発想なんだ我が弟よ!!

お姉ちゃん、これで明日からも仕事頑張れるよ!!

まじ天使!!

ありがとうございますっ!(佐久間風)

あなたちゃんは次の日、弟たちとの別れを惜しみ

ながら帰ったそうです。