無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

814
2018/05/20

第2話

ある日のこと、

わたしは、だいすきな幼馴染、てて と 出かける 約束をしてた。

楽しみに、待ち合わせの、




10:00 。





ぴったりに、駅前の水槽の近くで待っていた。



‘‘ わくわく 。ちょっと早かったかな。 ,,


10:20 。


‘‘ あれ??待ち合わせの時間、間違えたかな、?? ,,


10:40 。


‘‘ あれー?遅いなぁ。家督も着いた時は見てたのに、それ以来見ない、。 ,,


《 カトク 》





you   。
you 。
着いたよ !!
       "   既読   
てて   。
てて 。
遅れる!気をつけて待ってて !!
you   。
you 。
おっけい !!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
you   。
you 。
まだ??もう、20分経ったよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
you   。
you 。
おーい !! 大丈夫?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
you   。
you 。
ねえ、!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
既読   。   この2文字は つかなかった。
12:00              。


‘‘ もう、遅いよ、お昼ご飯の時間だよ?てて、。 ,,


すると、

《 カトク 》

" 既読

てて   。
てて 。
驚かないで聞いてほしいです。あなたちゃん。
you   。
you 。
え、??? ててのお母さん ??
てて   。
てて 。
そうよ。ごめんなさい。
you   。
you 。
どうしたんですか!!!!!
てて   。
てて 。
てひょんはそこには来ません。 
you   。
you 。
なんで、、、。
てて   。
てて 。
落ち着いて聞きなさい。今ね、てひょん、病院にいます。
you   。
you 。
え、??
てて   。
てて 。
事故にあったの。あなたちゃんとの待ち合わせ場所に行くときに。
you   。
you 。
なんで、、、、なんで!!!!
てて   。
てて 。
てひょんの命はまだある。生きているから。あなたちゃん、てひょんのそばに来てあげて、。
you   。
you 。
わかりました、今行きます    、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんで、神様、なんで、、ててを選んだの 、!!!!!

ひどいよ、、ひどい 、!

今行くからね、今、行くよ。待っててね。てて____。