第14話

❤️‍🩹
1,254
2023/11/20 11:57
アタシはいつもひとりぼっちで、ずぅっと病院のベットに張り付いていた。

おにいちゃんとかお母さんとかお父さん、いっちゃんもお見舞いに来てくれた。嬉しかった。



でも、ただただ虚しかった。



アタシがこうやって病床に張り付いている間にも、皆は成長していく。


おにいちゃんの演技も昔よりたくさん上手になって、病院の前を通りがかる子達もおしゃれになって……


アタシだけ、世界に取り残されているみたいだった。
本当に、何も出来ないこの環境が嫌い。


────アタシが何もやってないだけ。


なんて知ってる。知ってるよ。

アタシがやろうと思えば曲だって作れるし、ちっちゃいキーボードくらいなら弾けるの。弾けるんだよ。
でもね、怖かった。

それで練習してもみんなに追い付けなかったら…

言い訳が欲しかった。


みんなは、すごいなぁ。言い訳探しなんてしないで、めげずに、頑張っててさ……


アタシとは全然違った。



ある日、突然おにいちゃんが来なくなった。
お母さんに聞いたら、「司、ショーをするのが疲れちゃったみたいなの。」だって。
あんなに凄かったのに。
憧れだったのに。
こんなに、簡単に、折れちゃうなんて。


人間って、なんて弱いんだろう。




そうだ、アタシが終わらせてあげよう。その凄いままで、綺麗なままで。





次回
☆195⤴︎︎︎

プリ小説オーディオドラマ