無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

60
1日目 男子部屋 
(お風呂や夕食は終わってます)
近藤勲
近藤勲
〇〇〇〇〇〇〇〇〇で沢山食べすぎて夕飯残すところだったな
土方十四郎
土方十四郎
その言い方...残さず食べたんだな
近藤勲
近藤勲
おう...って総悟は?
沖田総悟
沖田総悟
ここですぜィ
沖田さんがいた位置は


テ 沖田さん
レ ━━━━━━━━━━━━━━←壁


土方さん 近藤さん

(分かりにくくてすいませんm(_ _)m)
土方十四郎
土方十四郎
何してんだ?そこで
沖田総悟
沖田総悟
星が綺麗でさァ
近藤勲
近藤勲
そうなのか?
よしトシ総悟のところ行くぞ
土方十四郎
土方十四郎
おう...
(やばい一瞬ドキッとしちまった...)
土方さんは「星が綺麗でさァ俺の気持ちに気付いてくだせィ」だと思ってしまった

てくてくてくてく移動中
近藤勲
近藤勲
...おー確かに綺麗だな
土方十四郎
土方十四郎
...ほんとだ綺麗だな
沖田総悟
沖田総悟
あっ土方さんあれとあれとあれと
あれとあれとあれとあれとあれを
繋げたらマヨネーズに見えませんかィ
土方十四郎
土方十四郎
おっほんとだ.。゚+.(*゚▽゚*)゚+.゚
沖田総悟
沖田総悟
あそこに行きたいですかィ
土方十四郎
土方十四郎
行けるなら行きたいな
ガラガラガラ(窓を開けた音)
沖田総悟
沖田総悟
あばよ土方
と言って土方さんを持ち上げて
外に投げようとしたが持ち上がらず
土方十四郎
土方十四郎
...何やってんだ?総悟
(沖田さんが土方さんに抱きついているところを
想像してください)
沖田総悟
沖田総悟
.../////////////
(あれ?お化け屋敷だと
持ち上がったのに...なんでだ?)
近藤勲
近藤勲
あっ
土方十四郎
土方十四郎
?どうしたんだ?近藤さん
近藤勲
近藤勲
いや俺UNO持ってきたんだよ
やらないか?
沖田総悟
沖田総悟
罰ゲームがあるならやりまさァ
土方十四郎
土方十四郎
罰ゲームがないならやるぞ
近藤勲
近藤勲
うーん...どうしようか...
沖田総悟
沖田総悟
土方さん罰ゲームありで
やりませんかィ?(上目遣い)
土方十四郎
土方十四郎
.../////////////...わかったいいぞ
近藤勲
近藤勲
おっありがとなトシ
一応布団を敷いてやるか
布団を敷く
沖田総悟
沖田総悟
よしっやりやしょう
一番最初に抜けた人が負けた人に
命令をするのでいいですかィ
土方十四郎
土方十四郎
あぁいいぞ
近藤勲
近藤勲
いいぞ
沖田総悟
沖田総悟
じゃあやりやしょう
1回目...勝者 土方さん 敗者 近藤さん
土方十四郎
土方十四郎
俺が近藤さんに命令するんだな?
近藤勲
近藤勲
なんでもいいぞ
沖田総悟
沖田総悟
Zzz… _(*´﹃`*_    )_
土方十四郎
土方十四郎
じゃあ姐さんと今どんな関係だ?
近藤勲
近藤勲
えっ!/////////////
沖田総悟
沖田総悟
(o_ _)o…ムクリ
土方十四郎
土方十四郎
教えてくれ
沖田総悟
沖田総悟
教えてくだせィー
近藤勲
近藤勲
そっ...それはー...
土方十四郎
土方十四郎
俺たちを信じられないのか?
沖田総悟
沖田総悟
信じてくれないんですかィ?
近藤勲
近藤勲
...ごめんな...これはお妙さんとの
秘密なんだほんとにごめんな
土方十四郎
土方十四郎
それはいつか俺たちに話すか?
近藤勲
近藤勲
多分話すと思う
沖田総悟
沖田総悟
じゃあ今知らなくても平気でさァ
土方十四郎
土方十四郎
そうだな
近藤勲
近藤勲
...2人とも...ありがとう
沖田総悟
沖田総悟
じゃあもう1回戦やりやしょう
土方十四郎
土方十四郎
そうだな
2回目...勝者 近藤さん 敗者 沖田さん
近藤勲
近藤勲
俺が総悟に命令か...
沖田総悟
沖田総悟
なんでもいいですぜィ
近藤勲
近藤勲
そう言われると悩むな...
土方十四郎
土方十四郎
なんでもいいんだろ?
適当なことでも言っとけよ近藤さん
コンコンコン(ドアをノックする音)
近藤勲
近藤勲
はい
ガチャ(ドアの開いた音)
銀八先生
銀八先生
そろそろ消灯時間だから寝ろよ
沖田総悟
沖田総悟
わかりやした
じゃあ罰ゲームはなしってことで
ガチャ(ドアを閉めた音)
近藤勲
近藤勲
おう
土方十四郎
土方十四郎
じゃあ電気消すぞ
近藤勲
近藤勲
おう
沖田総悟
沖田総悟
分かりやしたー
ーーーーーーーーーー終わりーーーーーーーーーー
@作者
@作者
どうも〜作者の@ankoです

今回...つまんなくないですか?‪
文才が欲しいなーと最近思っています
どうやったら面白いのが
かけるのだろうか...と悩んでいます

次回は修学旅行2日目です

これからも
「幼なじみのあの人と...」
よろしくお願いしますm(_ _)m