無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

13
先生に呼ばれて近くに行くと
銀八先生
銀八先生
お前ら付き合ってるだろ?( ̄▽ ̄)
といい私たちが向き合ってる写真を見せてきた

あなた、総悟))Σ(・ω・ノ)ノ!
銀八先生
銀八先生
その反応やっぱり付き合ってるんだな
沖田総悟
沖田総悟
でもその事知って
なんの役に立つんでィ
石川 (なまえ)
石川 あなた
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
銀八先生
銀八先生
あーそれはなー明後日行われる
「リア充No.1大会」
ていうのが会ってな賞金が給料よりも高いんだよーだから2人に
出てもらいたいんだよねー
沖田総悟
沖田総悟
給料よりも高いからって俺らに
出てもらうつもりですかィ
石川 (なまえ)
石川 あなた
私はいいけどなー...////////////
沖田総悟
沖田総悟
えっ...////////////
銀八先生
銀八先生
...あーもう見てるこっちがここにいて苦しいからいまじそういうの
やめてやめて...じゃあ出てくれるって
ことでいいかな?
石川 (なまえ)
石川 あなた
私はいいですよ(❁´꒳`❁)ニコ♡
沖田総悟
沖田総悟
////////////あなたがいいなら俺も出まさァ
銀八先生
銀八先生
じゃあ決まりねー
明後日〇〇〇公園に8時から
始まるからよろしくね〜
ーーーーーーーーーー終わりーーーーーーーーーー
@作者
@作者
どうも〜作者の@ankoです
短くなってしまいすいません

これからも
「幼なじみのあの人と...」
よろしくお願いしますm(_ _)m