無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

14
そして明後日
石川 (なまえ)
石川 あなた
...あの日はさぁ総悟と一緒にいられるって思ったからOK出したんだよねー...だけどOK出したことに後悔してきた...(´TωT`)
沖田総悟
沖田総悟
-w-w-w-w-w-w-w-w-w-w-w-w
石川 (なまえ)
石川 あなた
そんなに笑わないでよー(´TωT`)
沖田総悟
沖田総悟
いや...だって、昨日はあんなに楽しみそうな顔してたのに...‪w
石川 (なまえ)
石川 あなた
だってこんなにイチャイチャしてるとは思わなかったんだモーン(´TωT`)
銀八先生
銀八先生
おーい最初っから弱音か〜
石川 (なまえ)
石川 あなた
あっ先生
てか先生が月詠先生と
出ればよかったのに〜
沖田総悟
沖田総悟
確かにそうでさァ
銀八先生
銀八先生
小声))...俺もそうしたかった////////////
あなた、総悟))へー( ̄▽ ̄)(聞こえてた)
銀八先生
銀八先生
な...なんだよ
石川 (なまえ)
石川 あなた
じゃあそうすれば良かったのに〜って思っただけです〜
沖田総悟
沖田総悟
そうでさァ
銀八先生
銀八先生
...まぁその話は終わり〜
受付でもう申し込んどいたから頑張りな〜
あなた、総悟))...はーい

そして
大会が始まった私たちの番号は24番
4時間ぐらいで終わった
内容は想像してください

司会者))優勝者はエントリーナンバー24番のカップルです

観客))(`・д・ノノ゙☆パチパチ
銀八先生
銀八先生
おめでとう
いやー良かったよー
あなた、総悟))(何がだよ!)
銀八先生
銀八先生
まぁ賞金が入ったから良かったよ
お疲れさん
あなた、総悟))(自由な人だなー)
ーーーーーーーーーー終わりーーーーーーーーーー
@作者
@作者
どうも〜作者の@ankoです
雑になってしまいすいません

これからも
「幼なじみのあの人と...」
よろしくお願いしますm(_ _)m