無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

@19
あなたside

放課後…
今日はぜんぜん恭平と喋れなかったな〜
なんて思いながら、廊下を歩いていると…
女子
あなたちゃ〜ん?
You.
You.
は、はい!
女子
今帰り〜?
You.
You.
そうですけど…
女子
ちょっと手伝って欲しいものがあるんだけど…
You.
You.
い、いいですよ
女子
ありがと〜
え、絶対私、いじめられるやつだよね?
やっぱ、恭平が俺の女とか色々言ってたから?
ほんと最悪…

そんなことを思いながら、女子何人かの
あとをついて行ってると…

着いたのは、体育館の倉庫だった
You.
You.
えっと、なにを手伝えば?
女子
うーんと、私達のストレス発散?
You.
You.
え、?
そう言ってから、女子達は私のことを殴って来た
You.
You.
うっ、
女子
あんたさー、うざいんだよね
女子
なにが恭平くんの女?
You.
You.
それは、違くて…
女子
口ごたえする気?
You.
You.
いや、
女子
やっぱ、あんたムカつく
そう言って何度も何度も殴られ、蹴られた
女子
まだなんか言いたいことある?
You.
You.
えっと…
女子
早く言いなさいよ
You.
You.
恭平と付き合ってるとかではなくて、その、相手は遊びとしてしか考えないと思います
女子
は?そんなこと言って許されると思ってんの?
完全にスイッチを入れてしまったみたいで、
女子の中でもリーダー的存在の子が
手を振り上げて来た
もう終わったと思って目をつぶった

なのに、時間が経っても痛くない

恐る恐る目を開けると…
You.
You.
え、?
You.
You.
道枝くん?
道枝駿佑
道枝駿佑
先輩!大丈夫ですか?
























NEXT→

みっちーかっこよw
書きながらニヤニヤしてましたw
キモイですね、ごめんなさいwww