無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

@20
道枝side
you.
you.
え、?
you.
you.
道枝くん?
道枝駿佑
道枝駿佑
先輩!大丈夫ですか?
道枝駿佑
道枝駿佑
あの、俺の大切な先輩なので手出さないてください
女子
は、!?
女子
手出てないし!
道枝駿佑
道枝駿佑
言い訳しても無駄ですよ
道枝駿佑
道枝駿佑
最初から全部見てましたから
女子
(・д・)チッ
もういいわ!
you.
you.
道枝くん(´இ□இ`。)°
道枝駿佑
道枝駿佑
先輩…
ギュッ
道枝駿佑
道枝駿佑
大丈夫ですか?
you.
you.
うん、助けてくれてありがとう…
you.
you.
でも、なんでここに、?
道枝駿佑
道枝駿佑
それはですね
数分前…

先輩と一緒に帰りたくて、
廊下を歩いていると、あなた先輩が
声をかけられているのを見た。

あなた先輩の顔が強ばっていたし、
なにかあるんだろうなと思いあとをついて行った

すると体育館の倉庫に着いた。

見てみると先輩は殴られたり、蹴られたりしていた

すると、女子の中の1人が思い切り手を振り上げた。
流石にやばいと思って飛び出した
道枝駿佑
道枝駿佑
って言う感じです
you.
you.
そうだったんだ
道枝駿佑
道枝駿佑
あの、先輩?
you.
you.
ん?
道枝駿佑
道枝駿佑
しつこいって思われるかもしれないけど、俺はやっぱり先輩のことが好きなんです。
you.
you.
うん
道枝駿佑
道枝駿佑
俺は先輩のこと傷つけたりしないし、なにかあったら絶対に先輩を守ります!
道枝駿佑
道枝駿佑
だから、つきあって欲しいです
1度離してしまったけど、
もう1度先輩を抱きしめてそう言った
you.
you.
道枝くん、
道枝駿佑
道枝駿佑
はい!
you.
you.
よろしくお願いします?
道枝駿佑
道枝駿佑
え、?
you.
you.
つきあお!道枝くん!
道枝駿佑
道枝駿佑
えぇ!?
道枝駿佑
道枝駿佑
ほんとですか?
you.
you.
うん!
道枝駿佑
道枝駿佑
すごく嬉しいです!
you.
you.
これからよろしくね?
道枝駿佑
道枝駿佑
はい!よろしくお願いします!




俺の恋が叶いました。



















NEXT→

え、恭平くんは?って思いましたか?
安心してください!物語はまだまだ続きます!