無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

@4
あなたside

今は3人で学校の色々な所へ行っている

そんな中遥香ちゃんがこんなことを言った
森田遥香
森田遥香
あっ!ごめん私部活あるの思い出した!
You.
You.
え、?
森田遥香
森田遥香
ごめん!部活行かなきゃいけないから、
あとは2人で適当に周っておいて
高橋恭平
高橋恭平
了解
森田遥香
森田遥香
じゃ、また後で〜
そんな事を言って遥香ちゃんは行ってしまった

遥香ちゃんの走って行く後ろ姿を見ながら

これからどうするべきか考えた
高橋恭平
高橋恭平
次、どこ行く?
You.
You.
あ、えーっと、
2人になって頭がいっぱいで軽くパニックだった

そんな時…
道枝駿佑
道枝駿佑
あなた先輩、?
You.
You.
え、?
誰かに呼ばれ振り返った、
You.
You.
道枝くん、?
高橋恭平
高橋恭平
誰、?
You.
You.
道枝くんだよ、中学が一緒だったの
高橋恭平
高橋恭平
そっか…
道枝駿佑
道枝駿佑
覚えててくれたんですね、
You.
You.
もちろん!
高橋恭平
高橋恭平
道枝?だっけ?
道枝駿佑
道枝駿佑
はい、そうですけど、
高橋恭平
高橋恭平
悪いけど、こいつは俺の女だから
手出したら許さないから、
You.
You.
っ、まだ言ってんの!?
あんたの女ちゃうし!
道枝駿佑
道枝駿佑
あなた先輩彼氏いたんですね、
You.
You.
だから、違うってー!
恭平が余計な事言うから、

道枝くんに誤解されてしまった…

これから、どうしよ…



















NEXT→