無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

@15
恭平side

帰り道、コンビニに寄って家に向かって歩いていたら
道枝駿佑
道枝駿佑
先輩が卒業する時も勇気が出なくて、告白出来なかったんですけど
え、告白…?

道枝、あなたに手出してんじゃん、

あんなに言ったのに…

それから少し2人の会話を聞いていたら、
you.
you.
それは違うよ、恭平は私のこと遊びとしか思ってないよ
遊び…?

違うのに、

てか、遊びだったらキスしないでしょ

you.
you.
告白してくれてありがとう
返事はもうちょっと待って
ここで断らないの、?

あなたは告白OKするつもり?

その場でしばらく考えいると…
道枝駿佑
道枝駿佑
せんぱーい、盗み聞きは良くないですよ、?
高橋恭平
高橋恭平
道枝…
道枝駿佑
道枝駿佑
いいんですか?このまま行くとあなた先輩は…
高橋恭平
高橋恭平
うるさい、
高橋恭平
高橋恭平
もういいんだよ…
道枝駿佑
道枝駿佑
ほんとに奪っちゃいますよ?
高橋恭平
高橋恭平
勝手にしろ、
道枝駿佑
道枝駿佑
ふーん、じゃあ俺も手加減しませんから
そう言って道枝は去って行った…
高橋恭平
高橋恭平
どうしたら、いいんだよ
あなたの気持ち、

道枝が好きなのか?



















NEXT→