無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

@13
道枝side

数分前…

風の噂であなた先輩が倒れたって聞いた。

まさかそんなはずはないと思った、

でも不安で結局保健室に来てしまた

思い切って保健室のドアをノックしようとすると

ガラガラと音を立てて扉が開いた

道枝駿佑
道枝駿佑
恭平、先輩、?
高橋恭平
高橋恭平
道枝、
道枝駿佑
道枝駿佑
何してたんですか?
高橋恭平
高橋恭平
お前こそ、何しに来たん?
道枝駿佑
道枝駿佑
俺はあなた先輩が倒れたって聞いたから、お見舞いに
高橋恭平
高橋恭平
あっそ、
恭平先輩ってこんなに感じ悪かったっけ?
高橋恭平
高橋恭平
なんでもいいけど、余計なことすんなよ
道枝駿佑
道枝駿佑
は、はい?
高橋恭平
高橋恭平
俺の女に手出すなって言ってんの
道枝駿佑
道枝駿佑
それは、分かってますよ
正直分かってない

俺はもう自分の気持ちに嘘は付けない

あなた先輩が好き…

















NEXT→

私も同級生に恋しちゃいましたw

どうでもいい話ですねwww

ごめんなさいw