無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

@21
恭平side
森田遥香
森田遥香
恭平!恭平!
高橋恭平
高橋恭平
なんだよ
森田遥香
森田遥香
今日さ、あなたと喋ったりした?
高橋恭平
高橋恭平
喋ってないけど
森田遥香
森田遥香
まじで!?
高橋恭平
高橋恭平
あなたがどうかしたのか?
森田遥香
森田遥香
それがね…
森田遥香
森田遥香
あなたと道枝くんがつきあったらしいの
高橋恭平
高橋恭平
え、?
は?あなたと道枝がつきあった?

やっぱ、あなたは道枝のことが…
森田遥香
森田遥香
恭平いいの?
高橋恭平
高橋恭平
なにが?
森田遥香
森田遥香
あなたの好きじゃん!今からでも、行ってあなたと話して来なよ!
高橋恭平
高橋恭平
もういいんだよ
もうどうでもいい。
あなたが誰と付き合おうが、俺には関係ない。







その後聞いた、道枝がいじめられていたあなたを助けてつきあったと。

その時助けたのが俺だったらあなたは俺とつきあったのか?

なんて何度も何度も思ったけど、もう遅い。

そのままあなたとは、必要最低限の会話しかせず、卒業式を迎えてしまった。























NEXT→