無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2021/07/09

第8話

6








秘書としてここに来て思ったけど、スビンさんは
社長ってだけあってめちゃくちゃ仕事ができる。









こうゆうところはすごく尊敬する。









けどやっぱり、










スビン
スビン
ねぇねぇあなたちゃん♡
今日仕事終わったら飲みに行かない?♡









うん、遊んでんな←










あなた
あなた
え、飲みに...?
リノ
リノ
おいスビン...(  ・᷄꒳​・᷅ )
スビン
スビン
ねぇいいでしょ?
ダメ?🥺








うッッ....めんどくさいけど、私が断ってスビンさんが
また駄々を捏ねたらリノさんに迷惑かかるし...









あなた
あなた
.....分かったよ、
スビン
スビン
やったぁ!♡
仕事早く終わらせるから待っててね?♡
リノ
リノ
はぁ、ほんとすみません....
あなた
あなた
いえ.....ㅋㅋㅋ









これでリノさんに迷惑かける心配はなくなったけど、










なんでそんなに「♡」が多いの......!😭😭(泣)









私ほんとにやってけるのかな......











✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼✼••┈┈••











スビン
スビン
さっ!行こっか♡
あなた
あなた
う、うん....








はぁ、結局飲みに行くのか......










ていうか、









女性社員
女性社員
......ギロッ
 







......さっきから女性社員からの視線が痛い、










ほんとにモテるんだなぁ
まぁこれだけかっこよかったらモテるよね。


















スビン
スビン
あなたちゃん!車乗ろっか♡
あなた
あなた
うん.....(死)









だから「♡」が多いんだって.......!!!🤦🤦🤦










これには慣れる必要があるな、....(真剣)












スビン
スビン
あなたちゃんお酒は強いの?
あなた
あなた
あ....弱くはない、かな.....?
スビン
スビン
そっかそっか♡
あなた
あなた
......(😇😇😇)








うん、慣れよう。語尾に「♡」付けんの癖なのかもだし










やめさせるのは多分無理だから私が慣れよう(死)











そんなことを思っていると、










スビン
スビン
着いたよ!







えくぼを作って満面の笑みでそう言うスビンさん









不覚にも可愛いと思ってしまったなんて、
口が裂けても言えない。









スビン
スビン
ここだよっ!
あなた
あなた
わ、
スビン
スビン
気に入った〜?








すごく大人っぽい雰囲気のBARだった










なんだか私は場違いな気がしてくるくらいお洒落な
ところ









スビン
スビン
○○と○○









慣れた感じでカクテルを頼むスビンさん









あなた
あなた
....ここ、よく来るの?
スビン
スビン
ん?まぁたまにね〜







なんて相変わらずゆるゆると返事をするスビンさん










「まともな人間にしてやってくれ」なんて、










難しいこと引き受けちゃったなぁ、










そんなことを思っていると、









......スビン?








後ろからスビンさんの名前を呼ぶ声がした。










振り向くと、










スビン
スビン
あぁ、ユア
ユア
ユア
......っ
あなた
あなた
......








誰だろ、って思ったことより、












スビンさんの対応が冷たいってことより、












「この人めちゃくちゃ美人」














という気持ちが勝った。













......ヤバい、ほんとに美人だ...













女の私でも惚れそう、、












スビン
スビン
......なに?











え、なんでそんな冷たい反応なの?
私ならそんな美人に話しかけられただけで
舞い上がっちゃうのに?!











ユア
ユア
......その子、誰?
あなた
あなた
......(😇😇🤦)











あぁ、なるほどね












今大修羅場なんだ☺️












この「ユアさん」って人は












多分スビンさんの恋人なんだろう。












だから私を見てこんなにショックを受けたような
傷ついた顔をしてるんだ。












あなた
あなた
私、帰りますね!😊









ここは静かに退散した方が良さそう。












そう思い、席を立とうとすると













ガシッ













スビンさんに腕を掴まれた














スビン
スビン
なんであなたちゃんが帰っちゃうの?
あなた
あなた
え、だって...











なんで引き止めるんだよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!













ユア
ユア
ねぇスビンどういうこと.....??
ユア
ユア
私だけじゃなかったのっ......?!?!
あなた
あなた
......?!?!











えっ、いや泣いてるんですけど?!?!?!












スビンさんなんとか言ってあげ.....










スビン
スビン
......
スビン
スビン
はぁ、
あなた
あなた
.........?!?!?!











おいいいいいぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!













チェ・スビンんんんんんんん












こんな美人泣かせといてため息とは
どうゆうことだぁぁぁぁぁぁ!!!!!(キャラ崩壊)












あなた
あなた
ちょっと、スビンさん?!
あなた
あなた
なんでそんな態度、
ユア
ユア
アンタは黙っててッッ!!、
あなた
あなた
(ビクッ)!!!!











ヤバいめちゃくちゃ怒ってるぅぅぅ😭😭😭😭😭













違うんです私スビンさんの
ただの秘書なんですぅぅぅぅぅぅぅ😭😭😭😭😭😭











私が心の中でそんなことを叫んでいると、













スビン
スビン
ちょっと
スビン
スビン
今僕あなたちゃんと飲んでんの
そんなことも分かんないの?











は......???











ユア
ユア
え......ッッ









何なのその言い方











スビン
スビン
大体さぁ、
さっき「私だけじゃなかったの」って
言ってたけど、
スビン
スビン
逆に僕がユアに好きって言ったこと
スビン
スビン
あった?
ユア
ユア
......ッッ!!!










何それ、












スビン
スビン
勝手に近づいてきて勝手に彼女面とか
スビン
スビン
迷惑だから












気づいた時には、もう体が動いていた














バチンッ














私は彼に思いっきり平手打ちをお見舞いした











スビン
スビン
え......
ユア
ユア
......?!?!










私は怒りが頂点に達していた。












あなた
あなた
さっきから聞いてれば!!!!
あなた
あなた
いくら顔が良くて社長だからって
調子に乗るんじゃないわよ!!!!
スビン
スビン
え、
あなた
あなた
勝手に近づいてきたですって?
アンタが思わせぶりなこと
するからでしょ?!?!?!
あなた
あなた
こんっな美人泣かせといて
謝りもせず、ため息つくなんて!!
あなた
あなた
いい加減にしなさい!!!!
あなた
あなた
このクズ!!!!!!










スビンさんは私に反論することもなく、
ポカンとしていた。












ほんとに信じらんない、、










あなた
あなた
もういい
ユアさん、行きましょう。
ユア
ユア
えっ?!ちょ、










私はユアさんの腕を掴んで店を出ようとした












ユア
ユア
ちょっとっ、離してッッ!!!











ユアさんが私の手を振り払う。












あなた
あなた
ユアさん。こんな男放っといて
私と行きましょう。
ユア
ユア
は......?
あなた
あなた
私と来てくれれば、
絶対辛い思いはさせません
ユア
ユア
......ッッ











スビンさんに黙ってカクテルのお金を渡し、
ユアさんの手を引いてBARを出た。
その時ユアさんは何も言わず、私についてきてくれた














NEXT





(また長くなっちゃった......(泣)ごめんなさい🙏😭)