無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

192
2021/07/09

第6話

リノside










ジフ형が会長に言われて連れてきた子は、
すごく不安そうな顔をしていた。










まぁそりゃそうだよな、
スビンの秘書の仕事をしてる俺でも苦労してるって
いうのに、面倒見るだなんて.....









可哀想......←













とりあえず安心してもらいたい。








リノ
リノ
会長から話は聞いています。
これからよろしくお願いします。
あなた
あなた
こちらこそ、よろしくお願いします....!











へぇ、結構可愛い子だな











最初見た時から美人だとは思ってたけど
これはスビンが気に入りそうだな......

















その後スビンは案の定あなたさんのことを気に入ったみたいで、めちゃくちゃグイグイいっている










俺が止めてやらなきゃ可哀想だな、
そう思いスビンを止めに入ると...









あなた
あなた
じゃ、じゃあ、敬語はなしね....?////










自分の服をギュッと握りながら少し恥ずかしそうに
上目遣いでそう言うあなたさん











彼女は無意識なんだろうが、
正直めちゃくちゃあざとい。









あなた
あなた
あ、あの....









声をかけられるまで気づかなかった。








リノ
リノ
あ、あぁ、すみません、








二重の大きな目に長いまつ毛、
ポニーテールにされているサラサラの髪、










これはモテるだろうな、なんて思っていると...












スビン
スビン
僕、あなたちゃんのこと気に入った♡











はぁ.... だと思った、











この子にも手を出すのか...と心の中で呟きながら
あなたさんの方をチラッと見ると












あなた
あなた
え......(ドン引き)








うわめちゃくちゃ引いてる(((








リノ
リノ
おい、いい加減にしろ
あなたさんめちゃくちゃ引いてんだろ
スビン
スビン
もう!형は黙ってて!!
スビン
スビン
とにかくあなたちゃん、
改めてよろしくねー?♡









あーあ、可哀想に....←












会長がスビンをまともな人間にさせたいのは痛いほど分かる。けど俺はやっぱり無理だと思う....












NEXT