無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

173
2021/06/12

第7話

スビンside







ジフ형がハラボジの言ってた子を連れてきた。










ジフ형は僕達に、いや、僕に、
「失礼のないように」って言った。失礼なのはいつも僕の周りの人なのにね......ㅋㅋㅋ










特に女の人。容姿に釣られて寄ってきただけのくせに
ちょっと相手をしてやっただけですぐ調子に乗って
自分が1番だと言い出す。










はっきり言って
僕のことをわかってくれる人は少ない。










今僕の目の前にいる子は僕と同い年らしいけど、
僕の面倒を見てやって欲しいなんてハラボジが頼んだせいで急にここに連れてこられたんだろうな...







今彼女はすごく不安そうな顔をしている。









彼女が自分の意思で来たとしても申し訳ない。









スビン
スビン
ハラボジが何言ったかわかんないけど
よろしくね?
あなた
あなた
あ、はい...








うぅーん... まだ僕のこと怖がってるな、
ハラボジあなたちゃんに僕のことなんて伝えたの....









スビン
スビン
僕達同い年なんだから
そんな堅くならないでよ〜
スビン
スビン
敬語とかやめよ?ね?








いつもいつも、
自分でも怖いくらい、言葉が勝手に出てくる。
ほんとはそんな軽いノリでいきたいわけじゃない
ほんとはそんなこと言いたくない、










あなた
あなた
じゃ、じゃあ、敬語はなしね......?////








この人、可愛いな....










あ、ヤバい








スビン
スビン
僕、あなたちゃんのこと気に入った♡
あなた
あなた
え......?(ドン引き)








最悪.....










あなたさんにもこうなっちゃった、










いつもこうだ










ほんとに嫌になる、










僕はもう変われないのかなぁ....







NEXT