無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

123
2021/08/08

第12話

8








私は今、この男をどう論破してやろうかと
全力で思考をめぐらせている。





あなた
あなた
スビンさん!!!
この前ユアさんを傷つけて
平手打ちされたこと忘れたんですか?!
リノ
リノ
おいおい、
またやったのかよㅋㅋ
あなた
あなた
リノさん!!!!💢💢💢
あなた
あなた
笑ってないで、説得してください!!





ほんとにいい加減にして欲しい



この前のことなんてなかったかのように



今度は別の女の子と出かける予定があるだなんて、





スビン
スビン
はぁ、さっきからなんなの?
スビン
スビン
僕が何しようが君には関係ないじゃん




イラついた口調で私にそう言うスビンさん




あなた
あなた
残念ながら関係大ありです☺️💢💢




遊びが激しいアンタを心配なさった会長が
わざわざ人に頼んでアンタをまともにしようと
してくれてるってのに、



なんなのよその態度!?!?





スビン
スビン
ねぇちょっと
スビン
スビン
いくら会長から頼まれたからって
調子乗りすぎじゃない?




そう言ってスビンさんは私を睨んだ



あなた
あなた
調子に乗りすぎなのはそちらでは?




私も負けじと睨み返す




スビン
スビン
......
あなた
あなた
......
リノ
リノ
....すごい激戦、ㅋㅋㅋ






私この人をまともな人間にするなんてできるのかな....













_____________________






あの後は結局お互い黙り込んで仕事に集中した。





同じ場所にいるだけでかなり神経を削られた気がして正直ストレスでしかない。






あなた
あなた
はぁ、ほんと疲れる....




今日はもう帰れるから
早く帰ってお風呂にでも入ろう、



なんて思った時






ピコンッ



あなた
あなた
ん?



カトクが1件来たので
誰からなのか見ると、



あなた
あなた
あ、ジョンウ



ジョンウからだった。






_____________________


ジョンウ
ジョンウ
そっちどんな感じ?
ジョンウ
ジョンウ
上手くいってる?






_____________________



これは、


私を心配してくれてる.....?




あなた
あなた
ジョンウ....




相変わらず優しいな、なんて思いながら返信する。







_____________________


あなた
あなた
うん。大丈夫だよ。
あなた
あなた
心配かけてごめんね
あなた
あなた
ありがとう





_____________________







私が返信すると、直ぐに既読が着いた。






_____________________


ジョンウ
ジョンウ
そっか。良かった
ジョンウ
ジョンウ
そういえばあなた
今日傘持ってきた?





_____________________





安心した、と言っているような返信がきたかと思えば




急に傘を持っているか聞かれたので
どうしたのか疑問に思いながらも返信する。




_____________________


あなた
あなた
傘?持ってきてないよ?
ジョンウ
ジョンウ
今日雨降るってよ?






_____________________






ジョンウの「雨降るってよ」という言葉に焦り
急いで窓から外を見ると、



あなた
あなた
終わった...



空は今にも雨が降りそうだ。




_____________________

あなた
あなた
死んだ
ジョンウ
ジョンウ
まじかよ






_____________________






もう濡れて帰るしかないな、なんて思った時





_____________________

ジョンウ
ジョンウ
俺今車貸してるから
送ってくことできないんだけど、
ジョンウ
ジョンウ
傘なら持って行けるよ?





_____________________






あなた
あなた
......今日はジョンウに
感謝してばっかだな、




_____________________


あなた
あなた
お願いします🙏🙏🙏
ジョンウ
ジョンウ
いいよー
ジョンウ
ジョンウ
住所教えて?




_____________________






私は住所を送って
ありがたくジョンウの言葉に甘えることにした。















その後すぐに雨が降り出し、帰る準備をした。
一応リノさんにだけは挨拶をして
私は会社のエントランスに向かった。




それからエントランスでしばらく外を見ていると、





あなた
あなた
あっ
あなた
あなた
ジョンウ!



ジョンウが来た。