無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

長男,長女 第壱話
雑魚鬼
雑魚鬼
グァァァァァァァァァァァァァァ!!!!
我妻 (なまえ)
我妻 あなた
…水の呼吸 参の型 流流舞い
雑魚鬼
雑魚鬼
ウウ...バタ
あなたside

私は捨て子だった。

でもある日、私のお兄ちゃんの善逸と逃げ出したんだ。

虐められる世界から

そこから剥がれてしまった。

私は”鱗滝 左近次”と言う老人の元へ迷い込み、”水の呼吸”の使い手として生きている。

正直、水の呼吸は私の体に合っていない。

そのうち…私だけの型を生み出すと自分でも思う
我妻 (なまえ)
我妻 あなた
…お兄ちゃんと会いたいなぁ…
生きててね?お兄ちゃん
_________________________________________
雑魚鬼
雑魚鬼
ァァァァァァァァ!!
我妻 善逸
我妻 善逸
雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃
雑魚鬼
雑魚鬼
がぁぁぁぁぁ!!
善逸side

…あれ?なんで俺、ビビらず鬼を倒せたんだ?

そうだ…あなたの事を考えてたからだ

はぁ…会いたい
我妻 善逸
我妻 善逸
…あなた…会いたいよ…
絶対に…生きててね
_________________________________________
我妻 (なまえ)
我妻 あなた
死んでるかなんて気にしても無駄だ!生きてる!
気分転換に…
…新しい型…どうしようかな
我妻 (なまえ)
我妻 あなた
う〜ん…
我妻 (なまえ)
我妻 あなた
雷?雷神?
どうしようかなぁ
我妻 (なまえ)
我妻 あなた
いや…雷は無理だ。
水から派生しない
???
???
派手に何してるんだァ?
next

あとがき

いやね…大体わかるけども!
ね?
誰かは次回のお楽しみ♪