第4話

1,096
2022/10/25 08:42
雨宮 レイ
雨宮 レイ
公安のデビルハンターが大量殺害されたらしい
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
あー刀の悪魔だっけ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
そう
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
生き残った公安は次々と辞めてるんだってね
雨宮 レイ
雨宮 レイ
あぁ
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
どうしてレイは公安には行かなかったの
雨宮 レイ
雨宮 レイ
あそこは頭のネジがぶっ飛んだ奴しかいないから
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
ははっ、デビルハンターやってる時点で俺たちも同類だろ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
それに...あそこには悪魔なんかよりよっぽど怖い人がいる
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
?、誰
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...
数秒間吉田を見つめる
雨宮 レイ
雨宮 レイ
いずれ分かるさ
教室で一人日誌を書いている雨宮
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...
ダッ
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
!、レイ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
ヒロ...
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
ちょっと匿って
そう言うと教室の窓を開け、ベランダに隠れる
雨宮 レイ
雨宮 レイ
先生
はぁ...はぁ...
先生
!、雨宮
先生
男子生徒を見なかったか
雨宮 レイ
雨宮 レイ
(そういう事か)
雨宮 レイ
雨宮 レイ
それなら体育館の方に走っていきました
先生
そうか、ありがとう
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
よし、行ったな
再び窓から入り込んできて、


レイの前の席へ向かい合って座る
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
ありがとう、レイ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
別にいいけど
雨宮 レイ
雨宮 レイ
なんで追いかけられてたの
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
ピアス外せってうるさくてさ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
あぁ、なるほどね
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
なんでレイは先生に怒られないの?
レイの髪を耳にかけピアスを優しく触る吉田
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...
雨宮 レイ
雨宮 レイ
髪で隠してるから
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
それだけ?
雨宮 レイ
雨宮 レイ
うん
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
バレないの?
雨宮 レイ
雨宮 レイ
今のところは
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
じゃあ俺も伸ばそうかな
雨宮 レイ
雨宮 レイ
私くらいに?
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
そう
雨宮 レイ
雨宮 レイ
いや、ヒロはそのままがいいよ
頬杖をついて吉田に微笑みかける
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
!、
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
しょうがないから逃げ続けるわ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
あぁ、時期に諦めてくれるさ

プリ小説オーディオドラマ