第6話

6
913
2022/08/12 09:59
岸辺
岸辺
お前が吉田のバディか
雨宮 レイ
雨宮 レイ
初めまして、雨宮レイと言います
岸辺
岸辺
(なるほどな...)
何かを訴えかけるように吉田を見る岸辺
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
...
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
急に呼び出して何ですか
岸辺
岸辺
そうだった
岸辺
岸辺
もうすぐ中国からクァンシが来る
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
クァンシ...って確か元公安の
岸辺
岸辺
あぁ、
岸辺
岸辺
そこで公安にいる悪魔の護衛の為に
近々お前らに要請がかかるだろう
雨宮 レイ
雨宮 レイ
悪魔を人間が守るんですか
岸辺
岸辺
お前たち以外の適任はいない
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
買いかぶりすぎですよ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
公安とはあまり関わりたくありません
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
レイ...
岸辺
岸辺
それはマキマがいるからか?
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...はい
雨宮 レイ
雨宮 レイ
1度会った事がありますが、
あの人はいったい何ですか
岸辺
岸辺
契約している悪魔は誰も知らないが...
一つだけ奴の能力は分かる
岸辺
岸辺
あいつは動物を使って盗聴する
雨宮 レイ
雨宮 レイ
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
岸辺
岸辺
仕事に就いた時には常に自分たちの会話が聞かれていると思っておけ
岸辺
岸辺
それからやつの前では必ず弱みを見せるな
岸辺
岸辺
わかったか
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
はい
雨宮 レイ
雨宮 レイ
はい
日下部
日下部
宮城公安対魔2課日下部です
よろしくお願いします
玉置
玉置
バディの玉置だ、よろしく
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
オレ吉田な、仲良くしようぜ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
雨宮レイです、よろしく
マキマ
マキマ
彼らは対人護衛のエキスパートなの
マキマ
マキマ
ここにアキ君と天使君
マキマ
マキマ
京都からあと3人加わってしばらくデンジ君にくっつきます
マキマ
マキマ
あと色んな人たちが動いてくれるけど
キミはそれを考えなくてもいいから
デンジ
デンジ
へ〜なんかオオゴトになってんすねぇ〜
日下部
日下部
今日から貴方達の巡回ルートは路地一つまで私に決めさせて貰います
日下部
日下部
いいですね?
デンジ
デンジ
ふぁ〜い
日下部
日下部
返事はハイだ
デンジ
デンジ
...へぇ?
日下部
日下部
私はキミより年上だぞ
日下部
日下部
返事はきちんと大きな声で
デンジ
デンジ
ヘエ
日下部
日下部
ヘエじゃないハイ!
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...
マキマ
マキマ
久しぶりだね、レイちゃん
雨宮 レイ
雨宮 レイ
お久しぶりです
マキマと目を合わせようとしないレイ
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
(この人が...)
マキマ
マキマ
君が契約している悪魔の調子はどう?
雨宮 レイ
雨宮 レイ
変わりないです
マキマ
マキマ
そう、良かった
翌日
アキと天使とパワーを加えて任務が始まった
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...
デンジ
デンジ
(この人美人だぁ...胸デケェ...)
パワー
パワー
ワシは腹が減った!食い物をよこせ!
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
じゃあ...あそこのハンバーガー屋にでも行きます?
日下部
日下部
ダメだ、あそこは指定した巡回ルートに入っていない
玉置
玉置
もう行ってしまったぞ
日下部
日下部
チッ...
店内
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
俺達もなんか買おうよ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
うん
食べ物を買った後、天使と3人で席に座る
パワー
パワー
デンジ〜野菜やる〜
デンジ
デンジ
お...あぁ
日下部
日下部
ダメだ
パワー
パワー
あぁ?
日下部
日下部
栄養のバランスを整えないと脳も体も壊れるぞ
早川 アキ
早川 アキ
お前は家でも残しすぎだ
玉置
玉置
食え
パワー
パワー
はぁ〜?高貴なるこのワシに指図かぁ〜?
パワー
パワー
ワシがマジになればここが血の海になるんじゃが
デンジ
デンジ
1回食ってみらよオラ!
パワー
パワー
うも〜
パワー
パワー
大地の味がするぅ〜
天使
天使
...
レイが食べてるポテトを見つめる天使
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...食べる?
天使
天使
いいの?
雨宮 レイ
雨宮 レイ
うん
ポテトを数本取り天使の手の上にのせる
天使
天使
天使
天使
君...僕が怖くないの
雨宮 レイ
雨宮 レイ
怖くないけど
天使
天使
僕に触れたら寿命取られちゃうんだよ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
触らなければいいんでしょ?
天使
天使
!ははっ...
天使
天使
君アキと同じこと言うね
早川 アキ
早川 アキ
...
パワー
パワー
まじゅ〜
デンジ
デンジ
ギャハハハ
パワー
パワー
もうイヤじゃあ〜吐くからデンジ食べてぇ
デンジ
デンジ
え〜ヤダ...もうゲロは食いたかねぇ
パワー
パワー
うう...綺麗に吐くからぁ〜
デンジ
デンジ
1万貰えるならゲロ食うぜ
天使
天使
食べてる時にゲロの話するなよ
パワー
パワー
もうヤじゃあ!嫌いじゃあ!
日下部
日下部
あ!魔人が逃げた!
デンジ
デンジ
ありゃ大丈夫っすよ
外で待ってるパターン
玉置
玉置
俺達も出るか
早川 アキ
早川 アキ
そうですね
デンジ
デンジ
ん?
暴力の魔人
暴力の魔人
へいよ〜元気?
黒瀬
黒瀬
...
早川 アキ
早川 アキ
黒瀬さんお久しぶりです...
天童さん達のこと聞きました
早川 アキ
早川 アキ
今回の仕事は無理に加わらなくてもいいとマキマさんからの伝言です
早川 アキ
早川 アキ
俺も療養すべきだと思います
黒瀬
黒瀬
俺はどうしても仲間の仇を討ちたい
黒瀬
黒瀬
どうかお願いします...!
早川 アキ
早川 アキ
黒瀬さんの気持ちは分かります
早川 アキ
早川 アキ
でも...
パワー
パワー
あれはウヌの車か?
東山 コベニ
東山 コベニ
ふぁ...あ
東山 コベニ
東山 コベニ
お給料で買ったんです...
家族の送り迎えもできるし...
パワー
パワー
ほぉ...
パワー
パワー
ワシは最近歩き疲れておったからのぉ...
丁度いい!ワシを乗せろ!
東山 コベニ
東山 コベニ
えっ!?
黒瀬
黒瀬
...そこの金髪くんがデンノコ君か?
デンジ
デンジ
そ〜だけど?
黒瀬
黒瀬
俺もプロだ、足でまといにはならない
黒瀬
黒瀬
今回の仕事手伝わせて貰えないか?
黒瀬
黒瀬
握手しよう
デンジ
デンジ
男と握手はしたかねぇ
早川 アキ
早川 アキ
おい
デンジ
デンジ
...
渋々手を差し伸べるデンジ
黒瀬
黒瀬
よろしくな
黒瀬
黒瀬
天童達の分も俺が君を守る
ブォン
雨宮 レイ
雨宮 レイ
吉田の前に手を出して少し後ろに引かせる
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
?、なに...
ドゴォン
早川 アキ
早川 アキ
日下部
日下部
パワーが運転するコベニカーに黒瀬とデンジが轢かれる
デンジ
デンジ
ぎ...ぎ...
東山 コベニ
東山 コベニ
キっ...きゅ...きゅ...
パワー
パワー
...ウヌの車じゃ
パワー
パワー
ワシのせいじゃない
東山 コベニ
東山 コベニ
キョ...きょ...(ポロッポロッ)
パワー
パワー
まさか人のせいにするのか...!?
パワー
パワー
この...人殺しがぁ!!
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
公安...ここまでぶっ飛んでんのかよ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
流石に...私も驚いた
早川 アキ
早川 アキ
な...何やってんだてめぇ...
パワー
パワー
ワシは運転していないアイツのせいじゃ
日下部
日下部
なんて事だ...!早川君見ろ!
日下部
日下部
顔が変わった...!
雨宮 レイ
雨宮 レイ
この顔は...見覚えがあります
雨宮 レイ
雨宮 レイ
アメリカで殺し屋紛いのことをしている
デビルハンター
雨宮 レイ
雨宮 レイ
皮の悪魔と契約している三兄弟の一人です
早川 アキ
早川 アキ
フー
パワー
パワー
やっぱりのオ〜!
パワー
パワー
敵の正体に気づいてたのはワシだけだったようじゃなあ〜〜!
パワー
パワー
ワシの手柄〜!ワシの手柄!ワシの手柄!
パワー
パワー
デンジ!仇は取ったぞ!
デンジ
デンジ
アアアアアアア
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
契約しているのは三兄弟だ、あと2人いる
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
もしかしたら既にこの中の誰かがなりかわっているかもね
パワー
パワー
ワシの手柄!
日下部
日下部
確認の為に互いの悪魔を見せ合うぞ
人の少ない場所へ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
ヒロ、行くよ
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
あれ、いいの
雨宮 レイ
雨宮 レイ
あぁ、それよりやるべきことがある
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
まぁね
ジョーイ
ジョーイ
糞...!落ち着け!落ち着け!
ジョーイ
ジョーイ
やっぱあの魔人...!ぶっ殺してやる...!
ジョーイ
ジョーイ
路地裏から出ようとした時...
ジョーイ
ジョーイ
!、てめぇら...
左右の壁によりかかってるレイと吉田
ジョーイの胸元を引っ張る
ジョーイ
ジョーイ
うぇ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
...
刀で一突きにする
ビチャ
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
...(ニコッ)
アルド
アルド
...!
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
...大丈夫ですか?
具合悪いみたいですけど
アルド
アルド
さっき...さっき...あ...人身事故を見て...しまって
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
...プロはゲロ吐かないか
刀を拭いているレイ
雨宮 レイ
雨宮 レイ
あれ、殺さなかったの?
吉田 ヒロフミ
吉田 ヒロフミ
まぁ、雑魚には興味ないから
雨宮 レイ
雨宮 レイ
そう

プリ小説オーディオドラマ