プリ小説

第67話

想 い 違 い
あなたside



保健室を出て、外に出ようとしたら

誰かとぶつかった。


あなた

痛…

きむ先生
きむ先生
わ、ごめん〜



…保健室のきむてひょん先生じゃん



ちょっとこの人苦手なんだよね、4次元すぎて。




あなた

あ、ちょんが保健室で寝てます。

きむ先生
きむ先生
お、そうなの〜?
きむ先生
きむ先生
遊んであげよ〜っとㅎㅎ
あなた

寝かせてあげてください。





めんどくさいからそれだけ言って、

急いで席に戻った。←







丁度次にユンギ先輩が走っていて、



スタートは見れなかったけど


普段見れないユンギ先輩を見れたから満足。。。



なんか走り方おじいちゃんみたいで可愛いんだよね、

そこがまた好き。




ていうか全部好き。
私は自分がおかしくなってるのは承知です!





もう、なんでもいい

ユンギ先輩を見るだけでわたしはしあわせだから。











ユンギ先輩がゴールする寸前に、

目が合った気がした。






驚いて、立ち上がろうとしたら




視界が歪んで…




最後に見たのは、

顔の近くにある地面と、ユンギ先輩の足元だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

崔夢((チェム
崔夢((チェム
ぴょんてのけーぽ雑食太郎です。 🌾くれる子だいすきぴん ファンマーク『🍤💫』 ファンネーム『ちぇしー』 💓친구💓 ➴린. スマホ壊れたので、アカウント変える可能性があります