無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第74話

す れ 違 い
ユンギ
ユンギ
お、お前何言ってんの
あなた

本心です



堂々としてるように見せてるけど、
やっぱりドキドキしてる。




好きな人に好きって気持ちを伝えるのは、

こんなにもすっきりするなんて







こんなに楽ならはやく告白してフラれとけば、こんなにおかしくなるほど好きじゃなかったのに。






あー、いまから私好きな人に振られますよー







ユンギ
ユンギ
あー、ほんと調子狂う


そう言ってユンギ先輩が頭を搔く。



…なんか、怒ってる?




ユンギ
ユンギ
いつから
あなた

初めて会った時からですねー




初めて会った時からとか言ってるけど、


いつなのかなんて自分でもよくわからない。


気づいたら好きになってたし




ユンギ
ユンギ
ふーん


ん、なんか先輩口元緩んでますよ、


緩んでます。


緩んでますよね??((うるさ




あなた

嬉しいですか、女子に告白されて

ユンギ
ユンギ
まあ


あ、素直。


ユンギ
ユンギ
お前だから嬉しいのかもな
あなた



なんでこの人は変なことを言うんだろ。


前よりももっと好きになる



なんで今は優しくしてくれるの…


あなた

そんなこと言ったら浮気ですよㅎㅎ

ユンギ
ユンギ
は?浮気ってなんだよ
あなた

とぼけないで下さいよー

あなた

昨日デートしてたじゃないですかㅎㅎ



自分で言っててつらくて、笑えてくる。




ユンギ
ユンギ
お前だって、((ボソ
あなた

え?



ユンギ先輩がまた俯いて喋った




ユンギ
ユンギ
お前も浮気してんじゃん
ユンギ
ユンギ
ジミンと付き合ってるくせに