プリ小説

第22話

浮 気 者
ジン
ジン
こんこーん


オッパが口で言いながらドアをノックしてきた。



目の周りに涙がついてるかもしれないから



一生懸命こすった


あなた

なに?

ジン
ジン
いやー、
ジン
ジン
すごいスピードで二階に上がっていったから
ジン
ジン
オッパ心配しちゃった♡♡



なんなのこのオッパ。


あなた

大丈夫だからー

ジン
ジン
電話も盗み聞きしちゃったっ♡♡
あなた

おい




てへって舌だしてきたから、


イラッとしました☆






その邪魔なくらい広い肩をバシバシ叩いてやった。








ジン
ジン
あー肩叩いてくれるのー
ジン
ジン
もうちょっと右ー
あなた

肩叩いてるわけじゃないんだが

ジン
ジン
えーそうなの😑



悲しそうな顔してくるから、


少しだけ肩叩いてやりましたよ((ツンデレ




肩を叩いてたら、
ジン
ジン
そういえばさ
あなた

ん?

ジン
ジン
さっき電話で2人とも大好きとか言ってたよね
ジン
ジン
男子?
あなた

なわけないでしょ

ジン
ジン
だよねー
ジン
ジン
あなたはまだオッパが大好きだもんねー
あなた

違う




このシスコン野郎ほんとに懲りない((

あなた

そういうオッパも
そろそろ彼女作りなよ

ジン
ジン
!?


なんか、むちゃ驚いてる…

ジン
ジン
や~、何言ってるんだよー
ジン
ジン
ワールドワイドハンサムなんだから
ジン
ジン
彼女のひとりやふたりはいるわ!!
あなた

いや、2人いたら浮気じゃん。

ジン
ジン


おっぱは嘘がへったくそです。

ジン
ジン
あなただって2人とも大好きとか言ってたよね
ジン
ジン
浮気じゃんかっ!!



そう言われて、



グクとユンギ先輩を思い浮かべた。






『2人とも大好き。』










選ばなきゃ。









私の本当に好きな人は____





























____ゆんぎ先輩。







ちゃんとグクに言わなきゃ。







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

崔夢((チェム
崔夢((チェム
ぴょんてのけーぽ雑食太郎です。 🌾くれる子だいすきぴん ファンマーク『🍤💫』 ファンネーム『ちぇしー』 💓친구💓 ➴린. スマホ壊れたので、アカウント変える可能性があります