無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第76話

あ ら よ


今だけ甘々で、優しいユンギ先輩が拝めますね。




なんで、思わせぶりな態度とるんだろ。


もっと好きになっちゃう



ユンギ
ユンギ
なあ
ユンギ
ユンギ
俺の言ってること理解してないだろ
あなた

ユンギ
ユンギ
俺の言いたいこと、聞きたい?

私がポカーンとしてると、


ユンギ先輩が大きくため息をついて、私の寝ているベッドの隅に座った。




ユンギ先輩の背中。

いつも見てた背中が、今こんなにも近くにある。














しばらく間があって、急にユンギ先輩が振り返ったと思ったら



すぐ近くにユンギ先輩の顔があって
唇がほんのり温かい。

ユンギ
ユンギ
…鈍感


それだけ言って、ゆっくりと私の唇から先輩が離れていった。


ユンギ先輩はまたさっきの体制に戻る

先輩の耳が赤いのが見える。





ってまって、今の








____kiss((なんで英語




ごめんなさいふざけましたby作者


あなた

ええええええ!?

ユンギ
ユンギ
うっさ…//
あなた

今!?え、きす、え、変態!?



頭が混乱してやばいですね、はい、


ユンギ
ユンギ
変態とか言うな
あなた

え、きす、え、え、はじめてですけど



初めてのキスを初恋の人に奪われたって最高じゃない????


今日死ぬんかな、多分。うん



ユンギ
ユンギ
俺はあなたのことが好きだ
ユンギ
ユンギ
俺と同じ気持ちなんだよな、?


私に背中を向けたまま、小さな声で聞くユンギ先輩がかわいすぎて、愛しすぎて。



何も言わずに後ろから抱きついた



ユンギ
ユンギ
あなた

知ってます好きです((

ユンギ
ユンギ
うん知ってる


しばらくそのままでユンギ先輩の背中の体温を感じていた。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

崔夢((チェム
崔夢((チェム
ぴょんてのけーぽ雑食太郎です。 🌾くれる子だいすきぴん ファンマーク『🍤💫』 ファンネーム『ちぇしー』 💓친구💓 ➴린. スマホ壊れたので、アカウント変える可能性があります
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る