プリ小説

第60話

はじまりはじまり

HRが終わって、みんな校庭に移動する時間になった。




いよいよ、体育祭のはじまりはじまり〜👏





ダヒョン
ダヒョン
時が過ぎるのは早いね…
チェヨン
チェヨン
まだ若いのにお婆ちゃんみたいなこと言わないのーㅎㅎ
あなた

ダヒョンお婆ちゃん!ㅋㅋ

ダヒョン
ダヒョン
もう腰が痛いよぉぉぉぉ
チェヨン
チェヨン
嘘つくなㅋㅋ




こんな風に楽しく会話できるのも今だけで、すぐに係の仕事をしに行かなきゃ行けない。



あなた

私行かなきゃ、

ダヒョン
ダヒョン
お、頑張ってね!
チェヨン
チェヨン
先輩ともねㅎㅎ
あなた

怒るよ?

ダヒョン
ダヒョン
きゃー
ダヒョン
ダヒョン
逃げろー(棒)
チェヨン
チェヨン
うわー(棒)



ダヒョンとチェヨンとお別れして、係の席に着く。





交代で仕事するんだけど、


たぶんあのヨジャたちは働かないから、ほぼ休憩はないんだろうな…















でもこの席は、







ユンギ先輩が見やすい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

崔夢((チェム
崔夢((チェム
ぴょんてのけーぽ雑食太郎です。 🌾くれる子だいすきぴん ファンマーク『🍤💫』 ファンネーム『ちぇしー』 💓친구💓 ➴린. スマホ壊れたので、アカウント変える可能性があります