プリ小説

第59話

糸 目 ち ゃ ん
ジミン
ジミン
あ、もう教室行かなきゃ!
ジミン
ジミン
チャイム鳴っちゃうよ!



時計を見ると、あと1、2分でチャイムがなりそうだった。



あなた

やばい!!

ジミン
ジミン
あなた走れー!ㅋㅋ
あなた

笑ってる場合じゃないよㅠㅠ

ジミン
ジミン
ほらッ
あなた

わっ


ジミンが私の手を取った




あなた

こーゆーことは好きな子にしなきゃダメなんだよ。

ジミン
ジミン
そんなこと言ってる場合じゃないでしょーㅎㅎ





ジミンが引っ張ってくれたお陰で、ギリギリ間に合った。










普通の女の子がこんな事されたらキュンってするんだろうけど、




私は男子が嫌いだからならない。






だからといって、ジミンのこと嫌いじゃない。








多分、ユンギ先輩の事を好き過ぎるんだろうね


ジミン
ジミン
俺かっこよかったでしょ
あなた

ユンギ先輩の方がかっこいい

ジミン
ジミン
言うと思ったあああㅋㅋ




今日のジミンは、よく笑う。



何かいい事でもあったのかな?



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

崔夢((チェム
崔夢((チェム
ぴょんてのけーぽ雑食太郎です。 🌾くれる子だいすきぴん ファンマーク『🍤💫』 ファンネーム『ちぇしー』 💓친구💓 ➴린. スマホ壊れたので、アカウント変える可能性があります