プリ小説

第28話

また、嘘をつくんだ
ジョングクside



そんなこんなで、昨日告白をして、

今日になったわけで、










俺はどんな顔でヌナに会えばいいのかわからなくて、少し後悔((











家を出たら、




ヌナの後ろ姿を見つけた。








滅多に会わないのに、



今日はなんでいるんだよ…










会いたい時は、いつも居ないくせに。。。

















そんな時は、ヌナが嫌いだよ。




嘘だけど。




























グク
グク
ヌナー
あなた

!?




ビックリして後ろ振り返ったヌナは、




目が少し腫れてるだけで、




いつもどうりのヌナだった。








しばらく沈黙があった。




あなた

ねえ、グクにね

あなた

言わなきゃいけないことがあるの。

グク
グク
そうなんだ…
グク
グク
俺もだよ









俺は嘘をつくのが得意だから。
































ヌナの為なら









『最後まで嘘をつく予定だよ』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

崔夢((チェム
崔夢((チェム
ぴょんてのけーぽ雑食太郎です。 🌾くれる子だいすきぴん ファンマーク『🍤💫』 ファンネーム『ちぇしー』 💓친구💓 ➴린. スマホ壊れたので、アカウント変える可能性があります