無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

明 日 は 体 育 祭

先に目を逸らしたのは、私だった。





涙を見られたかもしれないと思うと、

悔しくて目を逸らした。







ヨジャ
ユンギ、あの店行こー


ヨジャが腕を組んでユンギ先輩と店を出ていった。






“ユンギ” だってさ。



同級生なのかな?

私もそんな風に呼んでみたい。





ジミン
ジミン
おーい、
ジミン
ジミン
もう行ったねㅎㅎ
あなた

なんで近づいたの?

あなた

誤解されるのやだよ。

ジミン
ジミン
作戦だから、大丈夫だよー


そう言っていつもの笑顔。



私はこの糸目キューピット裙を信じる選択肢しかないみたい。







CDを買って、外へ出たら


もう空は暗くなっていた。





ジミン
ジミン
明日だね、体育祭
あなた

うん

ジミン
ジミン
がんばろうね
あなた

もちろんッ

ジミン
ジミン
告白する?ㅎㅎ
あなた

したらフラれるね!ㅎㅎ

ジミン
ジミン
わかんないよー
ジミン
ジミン
あの人ただの友達かもしれないし!





ジミンの言う通りだ、



まだ彼女とは決まってないんだから

心折れてる場合じゃないよね!







___先輩にこっちを向かせてやる。




ジミン
ジミン
じゃあね👋寝坊するなよ
あなた

フラグ立てるのはやめて

ジミン
ジミン
ごめんごめんㅋㅋ
告白も頑張って
あなた

うんㅎㅎ
ばいばい👋










ベットに入ってからも、あまり眠れなかった。



だって明日は体育祭。







ユンギ先輩にちゃんと想いを伝える日になるから。
ジミン
ジミン
👋

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

崔夢((チェム
崔夢((チェム
ぴょんてのけーぽ雑食太郎です。 🌾くれる子だいすきぴん ファンマーク『🍤💫』 ファンネーム『ちぇしー』 💓친구💓 ➴린. スマホ壊れたので、アカウント変える可能性があります
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る