無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
234
2020/11/23

第4話

歌い手生活四日目
我妻善逸
たんじろぉぉぉぉ!!!あなたちゃぁぁぁん!!!
我妻善逸
あっちに知らない女の子がいたよぉぉ!!!
竈門炭治郎
えっ?
あなた

えっ?

竈門炭治郎
うぅん…話題の、転校生じゃないか?このクラスに転校してくるっていう…
我妻善逸
そ、そうなのかなぁ……ドヨーン
あなた

…?

善逸どうしたんだろ。女の子が転入してくるんだったら、もっと喜ぶはずなのになぁ…?
〜〜〜〜〜
冨岡義勇
転校生だ
あなた

(相変わらずの言葉足らず…)

藍澤姫魅
どうも!藍澤姫魅ですぅ
藍澤姫魅
歌い手に憧れてるよぉ!
あなた

……!!!

甲高く、甘い声

語尾が伸びる話し方

あの容姿

あいつは…
冨岡義勇
座れ
藍澤姫魅
えぇ、どこにですかぁ!w
冨岡義勇
空いてる席だ
藍澤姫魅
あぁ…センセたら、言葉足らずぅ!
クラスメイト
(……なんか……うん。←)
藍澤姫魅
空いてる席わぁ…
……っ!!パチッ
あなた

パチッ
っ、…

私は姫魅から目を逸らす。

…姫魅は、一瞬笑ったような気がする。
嘴平伊之助
………なんかキメェな、アイツ
あなた

シッ!そんなこと言わないの…!

竈門炭治郎
ビシッ
俺のとなり空いてます!!!!
藍澤姫魅
わぁ、ほんとだぁ。
ありがとねぇ!!♡
竈門炭治郎
うっ、ん………!!!ギゥン
(こっ…香水の匂いがぁっ…)
あなた

炭治郎かわいそ………

そのあと姫魅と関わることはなく、無事に一日を終えた。