無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

幼 馴 染 ,
あなた
うっうっ、、泣
孝支
そんなに泣くなって〜笑
あなた
笑わないでよぉ…
あなた
まじめに悲しいのにぃぃぃ…
孝支
一緒の高校行けないくらいで泣くか?笑
あなた
だってぇ…泣


2年前.

俺、菅原孝支は久々に幼馴染に嘘を吐いた



本当は泣いてくれてるのが嬉しいこと

本当は自分も悲しいこと

本当は同じ学校に行きたかったこと
孝支
いつでも会えるべ〜?
あなた
うん…泣

俺のことで泣いている君が、愛おしいこと
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

in烏野高校.
孝支
…はぁ、
澤村 大地
スガが溜息なんて珍しいな
東峰 旭
なんかあったの?
孝支
んーや、べっつに〜
澤村 大地
なんかあったら言えよー
東峰 旭
なんかあってからじゃ遅いんだぞー
孝支
わかりました!先輩!笑
澤村 大地
頼んだぞ!後輩!笑
東峰 旭
俺ら何してんだ笑
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈











片思いが1番楽しい、なんて嘘だと思ってる



当たり前のように2人で過ごす毎日に幸せを感じて

お互いに長所も短所も知り尽くしてて



そして願ってしまう

君に 同じ気持ちで自分を見てもらいたい、と


相手に嫌われてはいない

好かれていたとしても、問題がある

相手の"唯一"にはなれないのだ


そばにいるだけで十分なんて綺麗事、言ってられない

相手の言動にいちいち期待してしまう

自分が恋愛対象に入っていないのを知ってるくせに


諦めようともした

でもそうはいかないのが人間で

さらに深みにハマっていくだけだった































────だから、✕✕✕✕ことにした





『いい加減、この片想いに終止符を』



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


今度はちゃんと、通知届くといいです(きっと届くはず)

第2話!今回は菅さんサイド!

次回はなんでしょうか…未定ですね…

では!