無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

電話祭りじゃん…(?)
烏野と青城の練習試合前日.
崎原 あなた
『遂に明日だねぇ』
清水 潔子
『そうだね』
崎原 あなた
『久々に皆に会える…!』
清水 潔子
『ふふ、私も会いたかったよ』
崎原 あなた
『なにそれかわいい…』
崎原 あなた
『新マネ入ったんだっけ?』
清水 潔子
『そう、明日紹介するね』
崎原 あなた
『いーないーなー』
崎原 あなた
『青城マネいないや…』
清水 潔子
『…なんとかなるよ』
崎原 あなた
『だよね!』
崎原 あなた
『ま、卒業するし関係ないけど』
清水 潔子
『ぁ、ごめん呼ばれた』
崎原 あなた
『あ、おけおけ』
清水 潔子
『遅くまでごめんね』
崎原 あなた
『こっちのセリフ!』
清水 潔子
『じゃあ、』
崎原 あなた
『ばいばい!』
清水 潔子
『ふふっ…うん』

明日に備えて寝ようとした時…
Prrrrrr
崎原 あなた
『はぁぁ…もしもし?』
及川 徹
『溜息は無視するね?』
崎原 あなた
『で、何かあったの?』
及川 徹
『明日の練習試合のことなんだけどー』
崎原 あなた
『あ、変更でもあった?』
及川 徹
『練習試合でのセッター』
崎原 あなた
『?うん、』
及川 徹
『飛雄以外はだめって連絡した』
崎原 あなた
『…ぇ、』
崎原 あなた
『ッ…なんで…』
及川 徹
『…俺の都合で』
及川 徹
『でもこれだけはわかってほしい』
及川 徹
『菅原くんへの嫌がらせではないから』
及川 徹
『ごめんね、』
崎原 あなた
『…わかった』
崎原 あなた
『今度ちゃんと教えてよ』
及川 徹
『うん、また明日』
崎原 あなた
孝支…

きっと、いや絶対、誰にも言わないけど凹んでる
崎原 あなた
及川くんもおかしかったしなぁ…

及川くんの方も気になる…


“爽やかくん”じゃなくて“菅原くん”って呼んでたし
崎原 あなた
ゔ〜ん、、
崎原 あなた
どうしたらいいの!?(大声)
うっさいわ!!
崎原 あなた
あ、ごめん
早く寝なさい!
崎原 あなた
…はぁい


考えたいことがたくさんあったにも関わらず


疲れていたのか、いつの間にか寝てしまっていた
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

月海です

お気に入りが20も…!

本当にありがとうございます

これからも頑張ります…

てか今回吹き出し全体的に青い(関係ないけど)

てか今回圧倒的につまらない回ですね…

すみません、明日にご期待…!

では、